Rakuten infoseek

辞書

ブラーフミー文字【ブラーフミーもじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ブラーフミー文字
ブラーフミーもじ
Brāhmī alphabet
古代インドで用いられた文字。セム系のアルファベット母体にしてできたものと考えられる。知られている最古のものは前4世紀。古代インドには,これと並んでカローシュティー文字があったが,ブラーフミー文字がこれを圧倒した。4世紀頃のインドで用いられたグプタ文字,中国,日本に伝わった悉曇 (しったん) 文字,現在インドの諸地方で用いられているデーバナーガリー文字はブラーフミー文字を母体としている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ブラーフミー‐もじ【ブラーフミー文字】
《〈Brāhmīアショカ王碑文に刻まれている古代インドの文字。のちに、ナーガリー文字チベット文字が成立した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ブラーフミーもじ【ブラーフミー文字 Brāhmī】
古代インドの文字。アショーカ王碑文はこの文字で刻まれている。グプタ朝期には地域差が現れ,6世紀にかけてそれが明確となり,南北両系に分かれた。10世紀ころから12世紀にかけて,近代インド諸言語(タミル語を除く)が徐々に発達し,それぞれ独自の文学をもって登場するようになると,これに促され,12世紀から16世紀にかけ,南北各ブラーフミー文字から派生して現行インド系文字(ウルドゥー,シンディー,カシミーリーを除く)が成立した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ブラーフミーもじ【ブラーフミー文字】
アショーカ王の碑文などに残る古代インドの文字。西方のアラム文字に由来する。のちに、悉曇しつたん文字やデーバナーガリー文字を生んだ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ブラーフミー文字
ぶらーふみーもじ
古代インド文字。アショカ王碑文はこの文字で刻まれている。4世紀から6世紀にかけて南北両系に分かれ、北方系ブラーフミーBrhm文字からシッダマートリカーSiddha-mtk文字、この文字からナーガリー文字をはじめとする現行インド系文字が成立している。南方系ブラーフミー文字からパッラバPallava文字、続いてサンスクリット語文献(グランタ)を写すためのグランタGrantha文字などが成立し、ドラビダ諸言語を表記する現行諸文字へと連なっている。北方系ブラーフミー文字はさらに北上し、チベット文字をはじめとする諸文字、南方系ブラーフミー文字は海を渡って東南アジアの諸文字の成立に刺激を与えた。[田中敏雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ブラーフミー‐もじ【ブラーフミー文字】
〘名〙 (ブラーフミーはBrāhmī) サンスクリットを記すのに用いられた最古の文字。フェニキア文字が紀元前八〇〇年ごろインドに入り、それが改良されてできたもの。悉曇(しったん)文字やデーバナーガリーの祖。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブラーフミー文字」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ブラーフミー文字の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.