Rakuten infoseek

辞書

ブラーフマナ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ブラーフマナ
Brāhmaṇa
インドのベーダ聖典のうちの本集に対する説明的文献。祭儀書ともいう。祭祀の実行方法を規定し,賛歌,祭詞の意義や目的の解釈を行い,その間に多数の神話や伝説を交えている。成立年代はおよそ前 1000~800年頃と推定される。当時のバラモンたちは個々の祭式の実行と自然現象との間に密接な対応関係があり,祭式は霊力をもつと考えた。祭式の正しい実行によって宇宙の諸現象を支配でき,神々さえ霊力に縛せられると考えるようになり,ブラーフマナ文献では,一般に神々の威信は低下し,祭式の傀儡とみなされた。おもなブラーフマナ文献としては,『アイタレーヤ・ブラーフマナ』『カウシータキ・ブラーフマナ』『ジャイミニーヤ・ブラーフマナ』『タイッティリーヤ・ブラーフマナ』などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ブラーフマナ【Brāhmaṇa】
古代インドのバラモン教の聖典〈ベーダ〉に属する文献群で,〈ベーダ〉を構成する四つの部門のうち,サンヒター(本集)につづく第2の部門にあたる。サンヒターがマントラすなわちバラモン教の祭式において唱えられる賛歌,歌詞,祭詞,呪文を集成したものであるのに対し,ブラーフマナは,祭式の実行に関する規定やその神学的解釈を内容としている。もともと〈ブラーフマナ〉とは,マントラの一つ一つについての,祭式規定や神学的説明を意味した語であり,しだいにそれらを集大成した文献の名称となった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ブラーフマナ【Brāhmana】
ベーダ本集の付随文献の一。祭祀さいしの行い方、賛歌や祭詞の意義などを説明するとともに神話・伝説をも多く含む。梵書。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ブラーフマナ
ぶらーふまな
Brhmaa
インド最古の聖典ベーダを構成する一部分の名称。「祭儀書」と訳される。文字どおりベーダの祭祀(さいし)の説明文献で、散文で記される。内容はアルタバーダ(釈義)とビディ(儀軌(ぎき))の二つに大別され、前者が祭祀に用いられる賛歌、祭詞、呪句(じゅく)などの意味の説明部分であるのに対し、後者は祭主や祭官の行う祭祀上の行為を述べたものである。そのおもなものは紀元前800年ごろを中心に成立したものと考えられる。
 ブラーフマナの思想内容は、一元論の傾向が顕著であり、世界原因として水を考え、そこに黄金の卵が出現して世界が成立するとしたり、気息を世界原理と考えたり、宇宙原理としてのブラフマン(梵(ぼん))を想定したりする。ただし、この文献が祭祀の説明文献である性質により、これらのほとんどは祭祀と深くかかわる。また、ブラーフマナは多くの説話に富んでいるが、これも祭祀の説明であったりし、少なくも祭祀を前提にして察すべきものが多い。[松濤誠達]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブラーフマナ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ブラーフマナの関連情報

他サービスで検索

「ブラーフマナ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.