Rakuten infoseek

辞書

ブランド戦略

ブランド用語集

ブランド戦略
ブランディング戦略の項参照。

出典:(株)トライベック・ブランド戦略研究所
(C) 2018 Tribeck Brand Strategies,Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ブランド戦略
ブランドせんりゃく
branding strategy
消費者が商品やサービスを選択する際に手掛りやよりどころとするメーカー名や商品シリーズ名に重点をおいた戦略。そのイメージを強化,向上させることで,長い間には顧客の間に一定のブランドに対する信頼感が定着することになる。しかし,バブル経済で高まっていたブランド志向バブルの崩壊とともに退潮,むしろブランドにこだわらず品質の良い品を値頃価格で供給できるかが課題となってきた。高級なブランドイメージを維持しようと,百貨店のバーゲンに参加していなかった有名ブランドでも値引き販売する社が出るなど,ブランド戦略は見直しを迫られている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ブランド戦略
ぶらんどせんりゃく
brand strategy
ブランドすなわち商標を広告宣伝等によって売り込み、競争者の同一製品と自己の製品とを差別し、競争上有利な立場を築くことをねらったマーケティング戦略の一種。この戦略の最大の目的は、差別化differentiationによるブランド・イメージの形成である。差別化とは、機能や品質にほとんど差のない製品間に、あたかもそれらの差があるかのような主観的印象をもたせることであり、その結果として特定のブランド商品を選好する心理がブランド・イメージである。ブランド戦略が効果を発揮するのは、酒・化粧品のような嗜好(しこう)品、家電製品のような耐久消費財、スポーツ用品のような買回り品であって、鉄鋼・セメント・小麦粉のような標準化製品にはほとんど効果がない。使用されるブランドは、メーカー・ブランドが主流であるが、流通業者ブランド(プライベート・ブランド)も増えてきている。[森本三男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブランド戦略」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ブランド戦略の関連情報

他サービスで検索

「ブランド戦略」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.