Rakuten infoseek

辞書

ブラック

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ブラック
Black, Davidson
[生]1884.7.25. トロント
[没]1934.3.15. 北京
カナダの解剖学者,人類学者。第1次世界大戦に軍医として従軍後,中国に渡り北京協和医学院教授 (1918~21) 。 1921年 O.ズダンスキーと J.G.アンダーソンが北京郊外周口店で発見したヒトの大臼歯化石をシナントロプス・ペキネンシスと命名,以後シナントロプスの調査と研究に主導的役割を果した。主著"On the Discovery,Morphology and Environment of Sinanthropus Pekinensis" (1934) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブラック
Black, Eugene Robert
[生]1898.5.1. アトランタ
[没]1992.2.19. ニューヨーク,サウサンプトン
アメリカの銀行家。発展途上国援助問題の権威。ジョージア大学卒業。 1937~49年チェース・ナショナル銀行頭取,47~49年世界銀行アメリカ代表,49~63年世界銀行総裁。 L.ジョンソン大統領特別顧問 (東南アジア開発計画担当) ,ウ・タント国連事務総長特別財務顧問などを歴任。その後アメリカン・エクスプレス,ITT社,『ニューヨーク・タイムズ』,ロイヤル・ダッチシェル社などの顧問。著書『経済開発の外交』 The Diplomacy of Economic Development (1960) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブラック
Black, George
[生]1891.4.20. バーミンガム
[没]1945.3.5.
イギリスの劇場支配人。多くのミュージック・ホールの経営者として芸能界で活躍。特にパレイディアム劇場で 1935年から上演を開始した「クレイジー・ギャング」シリーズが有名。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブラック
Black, Greene Vardiman
[生]1836.8.3. イリノイスコット
[没]1915.8.31. シカゴ
アメリカの歯科医,歯科病理学者,細菌学者。 1890~91年アイオワ大学,91~1915年ノースウェスタン大学各教授。歯科の治療学,充填学,保存学に科学的な基礎づけを行うほか,治療用の器具の改良など,多方面に業績を残した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブラック
Black, Jeremiah Sullivan
[生]1810.1.10. サマセット
[没]1883.8.19. ブロッキー
アメリカの法律家,閣僚。主として独学で法律を学び,1830年弁護士となった。 42年,ペンシルバニア州地方裁判所裁判官に選出され,51年,ペンシルバニア州最高裁判所裁判官となり,57年 J.ブキャナン大統領により連邦司法長官に任命された。連邦論者としてのブラックはブキャナンに大きな影響を与え,これは 60年ブラックが国務長官に任命されてからはさらに大きなものとなった。ブラックは諸外国が南部連合 Confederacyを承認しないよう警戒したのである。リンカーンが大統領に就任してのちはブラックは国務から退き,弁護士を開業した。南北戦争後は,連邦最高裁判所において,過激な共和党の南部再建案に反対する立場の代表者となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブラック
Black, John
[生]1783. スコットランド
[没]1855.6.15.
イギリスのジャーナリスト,翻訳家。エディンバラ大学に学びながら会計事務所に勤めていたが,1810年ロンドンに行き,『モーニング・クロニクル』紙の外信部記者となった。 17年同紙の編集長。 43年退職後は文筆活動に専念。イタリアドイツ文学に関する評論のほか,ロンドンの『ユニバーサル・マガジン』への寄稿,『タッソーの生涯』の著書などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブラック
Black, John Reddie
[生]1827.1.8. スコットランド
[没]1880.6.11. 横浜
明治初期の日本で活躍したイギリスのジャーナリスト。文久年間 (1861~64) に横浜へ来て,ハンサードが経営する英字週刊紙『ジャパン・ヘラルド』 (→ナガサキ・シッピング・リスト・アンド・アドバタイザー ) の編集者となり,慶応3 (67) 年には独立して日刊英字紙『ジャパンガゼット』を創刊。明治3 (70) 年英字雑誌『ザ・ファー・イースト』を創刊,月2回刊で同9年まで続けた。次いで同5年3月東京で日本語の日刊新聞『日新真事誌』を創刊。治外法権を利して,政府批判の筆陣を張った。そこで政府は 1875年1月ブラックを左院に雇入れ,その条件として新聞を手放させたうえで,同年6月に新聞紙条例を公布して外国人の新聞所有を禁じ,同年7月解雇した。ブラックはその後も日本や上海で新聞を創刊したが成功せず,死の直前に『ヤング・ジャパン』 (2冊) を執筆した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブラック
Black, Joseph
[生]1728.4.16. ボルドー
[没]1799.11.10. エディンバラ
イギリスの化学者,医者。グラスゴー大学で医学,自然科学を学び,1751年エディンバラ大学に移り,医学の勉強を続けた。恩師 W.カレンを継いでグラスゴー大学の化学の講師 (1756) を経て,同医学教授となる。特に「固定空気」 (炭酸ガスのこと) の分離同定とその諸性質に関する研究および潜熱の理論を確立 (61) したことで知られている。 J.ワットとも親しく,ブラックの潜熱理論はワットの凝縮蒸気機関の発明に大きな影響を与えたといわれている。ほかに比熱の概念,アルカリの研究など,その業績は多いが,著作は少く,わずかに死後彼の講義ノートに基づいて出版された『初等化学講義』 Lectures on the Elements of Chemistry (1803) ほか数編の論文が知られているのみである。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブラック
Black, Max
[生]1909.2.24. バク
[没]1988.8.27. ニューヨーク
ロシア生れのアメリカの分析哲学者。コーネル大学教授。ケンブリッジ大学で数学を研究,その間 G.ムーア,L.ウィトゲンシュタインの影響を受け,哲学における言語論を研究。 1957年に訪日し,東京で現代アメリカ哲学を講じた。主著『哲学的分析』 Philosophical Analysis (1950) ,『言語の重要性』 Importance of Language (1962) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブラック
Black, Sir Misha
[生]1910.10.16. バクー
[没]1977.10.11. イギリス,ロンドン
ロシア生まれのイギリスのデザイナー。「デザイン・リサーチ・ユニット」を主宰。国際連合教育科学文化機関 UNESCOの博覧会展示顧問を務めた。そのほか各種の国際的な博覧会の展示を担当。主著『展示デザイン』 Exhibition Design。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブラック
Braque, Georges
[生]1882.5.13. アルジャントゥイユ
[没]1963.8.31. パリ
フランスの画家。ルアーブルの美術学校,パリのアカデミー・アンベールで学ぶ。 1906年アンデパンダン展に出品。初めはフォービスム的画風の絵を描いていたが,セザンヌの影響を受け,07年南仏エスタックの風景を立方体を重ねたように描き,それがキュビスムの名称の起源となった。ピカソと並んでキュビスムの代表的画家とされ,またパピエ・コレの手法を創始した。第1次世界大戦に従軍し負傷。 18年以後は従来の黒,黄土色を主調とする作品と決別し,緑や灰色を加えた重厚な色彩による静物や室内風景を描き,22年からは人物の連作を始め,彫刻も制作した。第2次世界大戦中に健康を害したが大作の制作を続け,48年ベネチア・ビエンナーレで大賞を受賞。代表作は初期の『エスタックの家』 (1907,ベルン美術館) など。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブラック
Black, Sir James
[生]1924.6.14. アディングストン
[没]2010.3.21.
イギリスの薬理学者。フルネーム Sir James Whyte Black。1946年セントアンドルーズ大学医学部を卒業,その後いくつかの大学で教鞭をとり,1958年からインペリアル化学工業の上級薬理学者,1964年からスミス・クライン&フレンチ研究所の生物学研究部門の長を務め,1978年ウェルカム研究所治療研究部長に迎えられた。1984年ロンドン大学キングズ・カレッジの教授に就任し,1993年に同カレッジ名誉教授となる。1992~2006年ダンディー大学学長。狭心症が心筋のβ受容体と関連することに着目し,β受容体を遮断する薬プロプラノロールを開発,さらに胃潰瘍の発症に関与する物質ヒスタミン受容体を遮断する薬シメチジンの開発にも成功した。1988年,薬物療法の重要な原理の発見により,ジョージ・ハーバート・ヒッチングス,ガートルード・ベル・エリオンとともにノーベル生理学・医学賞を受賞。1981年ナイトに叙され,2000年メリット勲章を授与された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ブラック(black)
[名]
黒。黒色。
黒人。黒人種。
コーヒーに砂糖およびミルクやクリームを入れないこと。また、そのコーヒー。ブラックコーヒー。
多く複合語の形で用い、暗黒の、正体不明の、不正の、などの意を表す。「ブラックマネー」
ブラック企業」「ブラックジョーク」「ブラックユーモア」などの略。
[名・形動]腹黒い。よこしまな。「ブラック性格

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブラック(Georges Braque)
[1882~1963]フランスの画家。フォービスムを経て、ピカソとともにキュビスムを創始。のち、具象性を帯びた独自の画風を確立した。作「ギターを持つ女」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブラック(John Reddie Black)
[1827~1880]英国のジャーナリスト。1861年(文久元)来日し、英字週刊紙「ジャパンヘラルド」、邦字新聞日新真事誌」などを創刊、日本の非近代性を論評。著「ヤングジャパン」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブラック(Joseph Black)
[1728~1799]英国の化学者。フランスの生まれ。普通の空気と異なる気体として二酸化炭素を初めて区別し、化学反応を定量的に明らかにした。また熱現象を研究し、潜熱・比熱を発見。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

ブラック Black, John Reddie
1827-1880 イギリスのジャーナリスト。
1827年1月8日生まれ。快楽亭ブラックの父。文久元年(1861)来日。横浜で週刊紙「ジャパン-ヘラルド」,日刊紙「ジャパン-ガゼット」の主筆となる。明治5年日本語新聞「日新真事誌」を創刊,政府の政策を批判し,8年政府の干渉により同紙は廃刊となった。明治13年6月11日横浜で死去。53歳。スコットランド出身。著作に「ヤング-ジャパン」。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

ブラック Black, Henry James

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

色名がわかる辞典

ブラック【black】
色名の一つ。JISの色彩規格では「」としている。一般に、すべての光を完全に吸収し、反射しない色をさす。ただし、これは理論上の黒であって実際にそのような物質は存在しないとされる。そのため、日常生活で「黒」といっている物はすべて「黒のようなもの」ということになる。したがってブラックはブラックであり、ほかの色で形容しようがない。また、ブラックは無彩色であり、ホワイトの対語。このブラックとホワイトはもっとも古く発生した色名の概念とされる。具体的なブラックの色名には煤すすを原料とした顔料のランプブラック(lamp black)がある。炭素が原料なのでカーボンブラックともいえる。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ブラック【Georges Braque】
1882‐1963
フランスの画家。ピカソと並ぶキュビスムの創始者。アルジャントゥイユに生まれ,ル・アーブルで育つ。父の家屋塗装業を継ぐために徒弟奉公に出るが,彼は後にこの技術をキュビスムのトロンプ・ルイユに役だてる。1902年,画家を志してパリのアカデミー・アンベールに通う。初め印象派に倣うが,05年からフォービスムの傾向に転じ,さらに07年にセザンヌの影響から画面構築への関心を高める。同年ピカソと会い,その《アビニョンの娘たち》を見たのが彼の芸術の大きな転機となり,翌年から共同でキュビスムの造形革命を創始した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブラック【Hugo La Fayette Black】
1886‐1971
アメリカの法律家。アラバマ州生れ。1906年アラバマ大学ロー・スクールを卒業。同州で弁護士実務に従事した後,アラバマ州選出上院議員(1927‐37),合衆国最高裁判所裁判官(1937‐71)を務める。最高裁裁判官に指名されたとき,上院でのその承認に際して彼がかつてクー・クラックス・クランに属していたのではないかという疑いが出され,問題となった。しかし就任後は,リベラル派の代表者の一人となった。彼は,憲法の解釈に当たって,第1に憲法の文言を重視すべきだとする。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブラック【Harold Stephen Black】
1898‐1983
アメリカの電気工学者。フィードバック増幅器を発明したことで知られる。マサチューセッツ州レオミンスターに生まれ,ウースター工科大学に学んだ。1921年にベルシステムのウェスタン・エレクトリック社に入り,25年にベル電話研究所に移った。彼は,多チャンネル長距離電話線に挿入される中継器ひずみ低減について研究した。中継器に使用される真空管でひずみが生じても増幅器としては低ひずみとなるように,フィードフォワード増幅器とフィードバック増幅器を開発した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブラック【Joseph Black】
1728‐99
イギリス,スコットランドの医師,化学者。炭酸ガスの発見者として知られる。フランスのボルドー生れ。グラスゴー大学,エジンバラ大学で医学を学び,両大学の教授を歴任する。優れた教師として名声を博す。潜熱と比熱の概念を提唱し(1756‐60),J.ワットに影響を与える。結石治療薬の研究中,石灰や炭酸マグネシウムの加熱による重量減少が空気とは異なる気体の放出によることを見いだし,これを固定空気(炭酸ガス)と命名した(1756)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブラック【John Reddie Black】
1827‐80
日本の新聞草創期のジャーナリスト。スコットランドに生まれる。海軍士官であったが,のちオーストラリアで商業に従事し,帰国の途次,来日してそのまま滞在,日本で没した。1861年(文久1)11月横浜で創刊された《ジャパン・ヘラルド》の主筆となり,67年(慶応3)同じく横浜の《ジャパン・ガゼット》に移って主筆を務めた。そのかたわら70年には月2回刊の絵入り英文雑誌《ファー・イーストThe Far East》を創刊し,好評を得て76年まで発行を続けた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ブラック【black】
黒。黒色。
コーヒーにミルクも砂糖も入れないこと。また、そのコーヒー。
黒人。
外来語の上に付いて、「不正な」「闇の」などの意を表す。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブラック【Black】
〔John Reddie B.〕 (1827~1880) イギリスのジャーナリスト。1861年来日。横浜で「ジャパンヘラルド」「ジャパンガゼット」の主筆をつとめ、72年日本語新聞「日新真事誌」を発行、その政府批判は大きな反響をよんだ。著「ヤングジャパン」
〔Joseph B.〕 (1728~1799) イギリスの化学者・物理学者。空気と化学的性質のちがう一つのガス状物質である固定空気(二酸化炭素)の存在を証明。また、比熱の概念や潜熱の現象を見出すなど気体化学・熱学に貢献。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブラック【Georges Braque】
1882~1963) フランスの画家。野獣派やセザンヌの感化をうけ、のちピカソとともに立体派運動を起こして二〇世紀美術の革新的な動向の基礎を確立した。作「楽譜のある静物」「カフェバー」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

ブラック
生年月日:1827年1月8日
イギリスのジャーナリスト
1880年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブラック
生年月日:1884年7月25日
カナダの解剖学者,古生物学者
1934年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブラック
生年月日:1836年8月3日
アメリカの歯科医,歯科病理学者,細菌学者
1915年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ブラック
〘名〙 (black)
① 黒。黒いこと。黒い色。
コーヒーミルク砂糖を入れないこと。また、そのコーヒー。
※モダン化粧室(1931)〈ハリー牛山〉「コーヒーはブラックを飲む様に致します」
③ 印刷で、肉太の活字

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブラック
[一] (Georges Braque ジョルジュ━) フランスの画家。印象派・野獣派を経たのち、ピカソとともにキュービスムを創始、その代表的画家となる。第一次世界大戦後、具象性の強い独自の画風へ向かった。作品に「壜とコップ」「ギターを持つ女」など。(一八八二‐一九六三
[二] (John Reddie Black ジョン=レディ━) 日本の新聞の先覚者。イギリス人。幕末に来日し、横浜で「ジャパン‐ヘラルド」「ジャパン‐ガゼット」主筆となり、のち、英字雑誌「ザ‐ファー‐イースト」を創刊。明治五年(一八七二)邦字新聞「日新真事誌」を発刊。著書「ヤング‐ジャパン」。(一八二七‐八〇

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

ブラック
ブラック
Black, Joseph

フランス生まれのイギリスの医師,化学者.固定空気(二酸化炭素)の発見者として知られる.グラスゴー大学で学んだ後,1754年エジンバラ大学より医学で博士号を取得.1756~1766年グラスゴー大学教授,1766~1799年エジンバラ大学教授として多くの後進を育てた.熱学の分野においては,潜熱および比熱の概念を発見した.化学の分野においては,マグネシア・アルバ(水酸化炭酸マグネシウム)の加熱による質量の減少が,通常の空気とは異なる種類の気体の放出が原因であることを見いだし,これを固定空気と命名した.このことは,近代的定量化学の創始と位置づけられるとともに,気体化学研究の幕開けをも意味している.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブラック」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ブラックの関連情報

関連キーワード

スベルドラップ(Johan Sverdrup)自由民権スーラ秩父事件ブルックナートルーマンウィリアムズクロイツァー洪英植ブリスク

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.