Rakuten infoseek

辞書

ブチルゴム

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ブチルゴム
butyl rubber
合成ゴムの一種。イソブチレンと数%のイソプレンとの共重合体。イソプレン量が少い,きわめて不飽和度の小さいゴム質であるため,加硫しにくい。耐熱老化性,耐薬品性,耐候性などの環境抵抗性や電気特性も良好で,特に気体透過性が小さいので,タイヤのインナーチューブや電気絶縁材に用いられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ブチルゴム【butyl rubber】
イソブチレンと少量のイソプレンを,塩化アルミニウム触媒として-100℃というきわめて低い温度でカチオン共重合させて得られる合成ゴム。イソブチレン・イソプレンゴムisobtylene‐isoprene rubber(略称IIR)ともいう。ブチルゴム中のイソプレン含有率は0.6~3モル%で,これによってゴム分子鎖内に炭素‐炭素二重結合を導入し硫黄加硫を可能にしている。各種気体の透過性がきわめて低いことがIIRの最大の特徴である(室温における窒素ガスの透過性は天然ゴムの1/10程度)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ブチルゴム
ぶちるごむ
butyl rubber
特殊合成ゴムの一種。ASTM(アメリカ材料試験協会)の規格による略称はIIR。イソブチレン‐イソプレンゴムともよばれる。1.5~5%のイソプレンを含むイソブチレンを塩化メチル中、零下100℃で塩化アルミニウム触媒などによりカチオン重合して合成する。イソプレン単位の炭素‐炭素二重結合を含むので通常の硫黄(いおう)加硫ができる。耐候性、耐熱性、電気絶縁性に優れ、気体透過性、反発弾性が小さく、衝撃吸収性が大きい。欠点は加硫速度が遅く、金属との接着性が劣る。ケーブル、防水シート、ラジエーターホース、ライニング、振動衝撃吸収剤などの用途がある。最大の用途は自動車タイヤのインナーチューブである。チューブレスタイヤのインナーライナー用には加硫性と接着性が改善された塩素化ブチルゴムを用いる。[福田和吉]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

ブチルゴム
ブチルゴム
butyl rubber, isobutene-isoprene rubber

略称IIR.0.5~4物質量% のイソプレンを含むイソブテンの共重合体で,塩化アルミニウムを触媒として,-100 ℃ 付近の低温でつくられる.不飽和結合が少ないので,熱,酸素オゾン,薬品に対する抵抗力が大きく,ガスおよび空気の透過性が小さいが,機械的強度はあまり大きくなく弾性も低い.自動車タイヤ用のチューブや電線の絶縁材に使われる.[CAS 9010-85-9]

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブチルゴム」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ブチルゴムの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.