Rakuten infoseek

辞書

フーコー振(り)子【フーコーフリコ】

デジタル大辞泉

フーコー‐ふりこ【フーコー振(り)子】
地球の自転の影響を調べる、非常に長い金と重い金属球とからなる単振子(たんしんし)振り子の振動面は一定であるが、地球が自転しているため、振動面が北半球では時計回りに、南半球では反時計回りに回転するように見える。1851年にフランスの物理学者フーコーが実験した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

フーコーふりこ【フーコー振子 Foucault’s pendulum】
フランスの物理学者J.B.L.フーコーが1851年に地球の自転を証明する一つの方法として考案した振子。長い糸に重いおもりをつるして作った周期の長い振子で,上端はどの方向にも自由に振れるように支える。この振子を振動させると,おもりの振動面が,上から見て時計の針の回る向き(北半球)に一定の角速度でゆっくり変わっていくのが観察される。長時間の観察ができるように糸を長くして周期を長くし,おもりも重くして空気の抵抗や支点摩擦があっても減衰が少なく,振動が長く続くようにくふうしてある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

フーコー振(り)子」の用語解説はコトバンクが提供しています。

フーコー振(り)子の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.