Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

フレット

デジタル大辞泉

フレット(fret)
リュートギターマンドリンなどの弦楽器で、指板の表面を区切る突起を押さえる場所を示す。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

フレット【fret】
弦楽器の指板上を区切って付けられた突起状のもので,臨時の上役目をする。指で弦をフレットに圧着させることにより,目的の音律に合わせた弦長になるように配置されている。同時にいくつかの弦を押さえる和声的な楽器に適用されている。材料には木,金属などが用いられ,固定してあるものと可動のものがある。ガット弦を巻いただけでフレットとする場合もある。リュート,ビオル,ギター,マンドリン,ウクレレバンジョーシタールチター琵琶など民族楽器に多く付けられている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

フレット
ふれっと
fret 英語
Bund ドイツ語
frette フランス語

弦鳴楽器の弦をくぎり、押弦の位置(勘所)を正確にするための装置。リュート属ではネック(棹(さお))の指板上に、チター属では胴の響板上に、弦を横切る方向に設けられている。ヨーロッパでは中世以後フレットが用いられ始め、初めはガット弦を1~2回巻き結んだだけの可動のものがリュートなどに使われた。その後、今日のギターやマンドリンのように、木や金属、象牙(ぞうげ)などの細長い小片を指板上に固定させるものも生まれた。一方、中東やアジアではすでに紀元前からフレットが使われており、今日でもインドのシタールのようにアーチ状の金属棒で棹を挟み込んだ可動式のものや、琵琶(びわ)の柱(じ)のように背の高い固定式のものなど、独特の発達をみせている。

[川口明子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

フレット
〘名〙 (fret) マンドリン、ギター、バンジョー、リュートなどの弦楽器で、弦をおさえる棹状の台板の表面を区切る突起。木や金属で作られ、固定式と可動式がある。ガット弦を巻きつけただけのものもある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フレット」の用語解説はコトバンクが提供しています。

フレットの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.