Rakuten infoseek

辞書

フレスコ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

フレスコ
fresco painting
壁画技法用語。石壁に漆喰で上塗りをし,その上に水で溶いた絵具で描く。絵具が湿った壁面に浸透し壁とともに乾くので,容易に剥落せず耐久性がある。乾いた壁に描くフレスコ・セッコなどと区別するために,ブオン・フレスコ (ほんとうのフレスコ) とも呼ばれる。漆喰が用いられたのは一般にはローマ時代以降であるが,クレタ島で発掘された前 1500年のミノア美術には高度のフレスコ技術が使用され,インドのアジャンタ壁画や,中国の敦煌の仏画にもフレスコ技術がみられる。隆盛期は 13~17世紀であるが,1930年代にアメリカ,メキシコの公共用建築に再び用いられはじめた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

フレスコ(〈イタリア〉fresco)
《新鮮な、の意》壁画制作の手法の一。漆喰(しっくい)壁が乾ききらないうちに顔料を水に溶いて描くもの。また、その壁画(フレスコ画)。壁が乾くとともに顔料が定着し、堅牢なものとなる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

フレスコ
株式会社ハートフレンドが展開するスーパーマーケットチェーン。主な出店地域は近畿地方

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

フレスコ【fresco】
広義では漆喰(しつくい)画,つまり漆喰壁に描かれた絵画全般を指し,この場合は〈壁画〉とほとんど同義語である。しかし,本来イタリア語のfrescoとは〈新鮮な,できたての〉を意味する形容詞(英語のfreshにあたる)で,名詞として,漆喰を塗ってまもなくそれがまだ乾き切らないうちに描く画法,およびそのようにして描かれた壁画に限定して用いられ,普通,フレスコとはこの意味で使われる。これに対し,漆喰が乾いてから彩色をする場合,セッコsecco(イタリア語で〈乾いた〉の意)という呼称がある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

フレスコ【fresco】
〔新鮮な、できたての、の意〕
下地の漆喰しつくいが乾ききらないうちに水溶性顔料で描く技法。また、そのようにして描いた壁画。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

フレスコ
ふれすこ
frescoaffrescoイタリア語
13世紀末から16世紀中葉にかけて、イタリアで盛んに行われた壁画技法。フレスコは英語の「フレッシュ」に相当し、新鮮な(まだぬれている)石灰漆喰(しっくい)の壁に描く技法からの名称。したがってフレスコの語を壁画一般に用いることは避けるべきで、「真のフレスコ」(ブオン・フレスコbuonfresco)技法は、乾いた壁(セッコsecco)に描くセッコ技法はもちろん、ある程度乾いた壁に描くメッツォ(メゾ)・フレスコmezzo fresco技法とも画然と区別すべきである。真のフレスコ技法では、原則として顔料は水(ときには石灰水)だけで溶かれ、通常の絵の具のような接着剤やつなぎ材としてのメディウムは使用しない。フレスコ画の顔料は、石灰漆喰の化学変化による乾燥硬化で壁面と一体化する。ぬれた石灰漆喰の上に塗られた顔料は漆喰壁に浸透して絵の具層を形成する。つまり、石灰漆喰(水酸化カルシウムと水)は空気中の炭酸ガスと化合する際、水分を放出して石灰岩(炭酸カルシウム)の状態に変化し、壁と一体化した非水溶性の強靭(きょうじん)な絵の具層をつくるのである。[長谷川三郎]

フレスコ画の制作

(1)アリッチオarriccio 石壁の上に砂を混ぜた石灰漆喰を塗る。
(2)シノピアsinopia 木炭で構図を描き、オーカー(天然黄色顔料)を薄く溶いて塗り重ねたのち、シノピアとよばれる赤色土性顔料で素描する。このシノピア技法は13世紀中葉から14世紀中葉、および16世紀末から17世紀初めによく行われた。
(3)イントーナコintonaco 絵を描くための最上層の地塗り。目の細かい砂や大理石粉を混ぜた石灰漆喰を塗る。この地塗りは、1日で画家が描き終えられる一定の部分(ジョルナータgiornataという)だけに、絵を描く直前に塗られる。
(4)シノピアが描かれない場合には、イントーナコのあとで構図を転写する。これには次の二つがある。〔a〕スポルベロspolvero 原寸大の構図を素描した紙(カルトン)の輪郭線に点線状に小孔をあけ、イントーナコに当て、上から木炭粉末の入った布袋をたたき付けて転写する方法。15世紀中葉から後半にかけてもっともよく使われた転写法。〔b〕カルトンを当てて鉄筆で輪郭線をトレースし、イントーナコ上にへこんだ線を刻み付けるようにして転写する方法。16世紀に多用された。
(5)水(または石灰水)で溶いた顔料を用いて絵を描く。顔料は耐アルカリ性の天然土性顔料を選ぶ。画家は自分の力量や細部の難易度に応じて決定したジョルナータを、的確に時間内に完成することが条件となる。改変や加筆は許されず、タッチを誤るとイントーナコの段階からやり直さなければならない。
 フレスコ技法は、バザーリのことばにあるように、卓越した技量を備えた大画家にこそふさわしい「男性的」で「確固たる」絵画技法である。また色彩は明るく透明感にあふれて完全にマットな美しい画面をつくり、経年変化によって格調高い深い輝きを帯びるなど、真にモニュメンタルな絵画の制作に適した最高の壁画技法である。ジョットのアレーナ礼拝堂(パドバ)の壁画、ピエロ・デッラ・フランチェスカのサン・フランチェスコ聖堂(アレッツォ)の壁画、そしてミケランジェロのシスティナ礼拝堂(バチカン)の天井画、14、15、16世紀を代表するこれらのフレスコ画連作の壮麗さと色彩の鮮明な美しさは、フレスコ技法の特質を十分に物語っている。「もっとも美しくもっとも精緻(せいち)な」(チェンニーノ・チェンニーニ)、そして「もっとも永続的な」(バザーリ)技法とたたえられたフレスコ技法も、ルネサンス絵画とともに衰退した。その理由として、〔1〕画家がぬれた壁に色を塗る際、乾いたときの色調を見ることができない、〔2〕修正加筆が許されない、〔3〕ジョルナータに従って手順を踏んで描き進めねばならず、一つの仕事に画家は長期間拘束される、などがあげられる。すなわち、熟練を要する困難な技法であったこと、加えて経済的にも不利だったため、時代の変化とともに、画家たちはフレスコ技法を顧みなくなったのである。[長谷川三郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

フレスコ
〘名〙 (fresco 「新鮮な」の意) 西洋の壁画の技法。漆喰(しっくい)の下地が乾かないうちに、水で溶いた顔料で描くもの。また、その技法によって描かれた絵画。フレスコ画。壁が乾くにつれて、顔料が漆喰に定着し堅牢な画面ができる。ルネサンス期のイタリアで盛んに行なわれた。
即興詩人(1901)〈森鴎外訳〉梟首「半ば剥蝕せられたる鮮画(フレスコ)は」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フレスコ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

フレスコの関連情報

他サービスで検索

「フレスコ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.