Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

フルンボイル【ふるんぼいる】

日本大百科全書(ニッポニカ)

フルンボイル
ふるんぼいる / 呼倫貝爾

中国、内モンゴル自治区北東部にある地級市。東は黒竜江(こくりゅうこう)省、西はロシア連邦およびモンゴル国と接する。市政府所在地はハイラル区で、ほかにジャライノール区、4旗(県級行政区)、3自治旗を管轄し、満洲里(まんしゅうり)、ザラントンなど5県級市の管轄代行を行う(2016年時点)。人口252万6500(2015)。市内を南北に走る大興安嶺(だいこうあんれい)は木材、毛皮、薬材の産地で、その西にあるフルンボイル高原ではヒツジ、ウシ、ウマなどの牧畜が行われ、石炭などの鉱産資源に富む。フルン湖などでの魚類の産もある。住民はモンゴル族、漢民族、エベンキ族、ダフール族、オロチョン族、満洲族、回族、朝鮮族などである。

[浅井辰郎・編集部 2017年12月12日]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フルンボイル」の用語解説はコトバンクが提供しています。

フルンボイルの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.