Rakuten infoseek

辞書

フリーマーケット

デジタル大辞泉

フリー‐マーケット(flea market)
蚤(のみ)の市。がらくた市。フリマ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フリー‐マーケット(free market)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

フリーマーケット【flea market】
〔蚤のみの市。古物市〕
公園などで、不用品の売買・交換を行う市。フリマ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

フリーマーケット
ふりーまーけっと
flea market
ノミの市のこと。その起源は、パリ北郊の道路上で開かれる古物を売る臨時的特設市場(march aux puces)である。この名称はノミの俗意「くだらない」「おんぼろ」に由来すると思われる。アメリカでは1973年のオイルショックを機にガレージセールやスワップミートなどが見直され、自宅のガレージからしだいに規模を拡大し、公園などで開かれるフリーマーケット、あるいはオープンエアマーケットとよばれるものになった。日本の「がらくた市」などはこれに該当するが、百貨店で開催される「蚤(のみ)の市」は新品の販売であることが多い。日本でフリーマーケットということばが知られるようになったのは、1975年(昭和50)から76年にかけて新しい風俗として雑誌などで紹介されたのが始まりで、79年10月に大阪市内のフロンティアランドで日本初のフリーマーケットが開催された。その後日本フリーマーケット協会の設立とともに、各地へ広がった。地球環境問題の高まりとともに、古物再利用とリサイクル思想を結合させ、公園などに不要品を持ち寄って販売したり交換する社会運動として広まり、しだいにイベントとして認識されるようになった。自由参加をからませてfree marketと表記することが多い。日本ガレージセール協会(1988)や日本スワップミート協会(1996)も設立されている。ヨーロッパやアメリカでは市民のライフスタイルとして定着し、観光名所として多くの観光客が訪れるところもある。[森本三男]
『リサイクル文化編集グループ編『リサイクル全生活ガイド首都圏版』(1993・リサイクル文化社) ▽藤岡薫著『フリーマーケットはこうやる――出店の知恵と開催の知識と実際』(2001・ユニプラン)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

フリー‐マーケット
〘名〙 (flea market) 不用品などを持ち寄って取引する市場。(のみ)の市、がらくた市などとも。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フリーマーケット」の用語解説はコトバンクが提供しています。

フリーマーケットの関連情報

他サービスで検索

「フリーマーケット」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.