Rakuten infoseek

辞書

フリエス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

フリエス
Friesz, Henri Achille Émile Othon
[生]1879.2.6. ルアーブル
[没]1949.1.10. パリ
フランスの画家。ルアーブル美術学校で学んだのち,パリに出て美術学校でマチス,A.マルケと知合い,1905年以降フォービスムの作家として活躍。知的な構成にフォービスムの鮮烈な色彩を結びつけた作風であったが,10年頃からは冷静な色調の思索的な作品を描いた。主要作品は『春』 (1909,パリ市立美術館) ,『水浴』 (48,パリ国立近代美術館) など。デュフィとともに,シャイヨー宮に大壁画をかいた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

フリエス
ふりえす
Othon Friez
(1879―1949)
フランスの画家。ル・アーブル生まれ。生地の美術学校でリュイリエの教えを受ける。同校にはデュフィやブラックらも学んでおり、デュフィと親交を結ぶ。1899年、奨学金を得てパリに出、エコール・デ・ボザールのボナのアトリエで学ぶが、しだいに印象派や後期印象派の影響を受けるようになる。また、マチスらのグループとの接触を強めてゆき、1905年までに輝かしい色彩のスタイルを展開してフォーブの画家の一員となる。フォーブのグループは基本的には三つのグループから成り立っていたが、フリエスはデュフィ、ブラックとともにいわばル・アーブル・グループを形成していた。以後、短期間、風景画を中心に解放された色彩を用いてアール・ヌーボー風のアラベスクを展開するが、08年ごろ新たな古典的伝統に復帰し、以後、比較的保守的な手法で作品を描き続けた。パリに没。[大森達次]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フリエス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

フリエスの関連情報

関連キーワード

ボアボードランモース(Edward Sylvester Morse)おもなお雇い外国人沼間守一ヒューズ琉球琉球処分ドンケル=クルティウスセベーリライシャワー

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.