Rakuten infoseek

辞書

フランツ ベッケンバウアー

20世紀西洋人名事典

フランツ ベッケンバウアー
Franz Beckenbauer


1945.9.11 -
ドイツのサッカー選手。
元・西ドイツ・ナショナルチーム主将,元・西ドイツ・ナショナル・チーム監督。
ミュンヘン生まれ。
1974年西ドイツ・ナショナル・チーム主将としてワールド・カップで優勝し、’72年、’76年には欧州最優秀選手となる。バイエルン・ミュンヘンを経て、’77年ニューヨーク・コスモス移籍。その後、西ドイツ・ナショナル・チーム監督に就任、90年ワールド・カップでドイツを優勝に導いた。

出典:日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)
(C) 1995 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

最新 世界スポーツ人名事典

フランツ ベッケンバウアー
Franz Beckenbauer
サッカー
サッカーW杯ドイツ大会組織委員会会長
生年月日:1945年9月11日
国籍:ドイツ
出生地:バイエルン州ミュンヘン
別名等:本名=Franz Anton Beckenbauer
受賞歴:バロンドール〔1972年・1976年〕
経歴:1960年代半ばから10年余にわたって世界のサッカー界をリードした西ドイツのスーパースター。優雅でクールさを失わないそのサッカースタイルで“カイザー(皇帝)・フランツ”と呼ばれ、崇拝された。バイエルン、西ドイツ代表の主将を務め、’74年に地元で行われたW杯西ドイツ大会で優勝、’74〜76年ヨーロピアン・カップ3連覇。この間、’72年と’76年にバロンドール(欧州最優秀選手)に輝いた。’84年西ドイツ代表監督に就任。抜群の掌握力で、’86年のW杯メキシコ大会で準優勝を、’90年のW杯イタリア大会では優勝を成し遂げた。W杯には通算5度、うち3度は選手として、2度は監督として出場し、2度世界一になるなど、他に並ぶもののない記録を持つ。’93年12月古巣バイエルンの監督に就任。一時会長職にあったが’96年4月監督再任。’98年10月ドイツサッカー連盟副会長。’99年ドイツの記者による投票で、20世紀の“今世紀最優秀ドイツ選手”に選ばれる。2006年自国開催のW杯ドイツ大会組織委員会会長を務めた。著書に「Einer wie ich」。

出典:日外アソシエーツ「最新 世界スポーツ人名事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

フランツ ベッケンバウアー
生年月日:1945年9月11日
ドイツの元・サッカー選手

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

現代外国人名録2016

フランツ ベッケンバウアー
Franz Beckenbauer
職業・肩書
サッカー指導者 元サッカー・ドイツ代表監督

国籍
ドイツ

生年月日
1945年9月11日

出生地
バイエルン州ミュンヘン

本名
Beckenbauer,Franz Anton

受賞
バロンドール〔1972年・1976年〕

経歴
1960年代半ばから10年余にわたって世界のサッカー界をリードした西ドイツのスーパースター。優雅でクールさを失わないそのサッカースタイルで“カイザー(皇帝)・フランツ”と呼ばれ、崇拝された。バイエルン、西ドイツ代表の主将を務め、’74年に地元で行われたW杯西ドイツ大会で優勝、’74〜76年ヨーロピアン・カップ3連覇。この間、’72年と’76年にバロンドール(欧州最優秀選手)に輝いた。’77年にバイエルンからニューヨーク・コスモス(米国)に移籍したが、その後西ドイツに戻り、’84年西ドイツ代表監督に就任。抜群の掌握力で、’86年のW杯メキシコ大会で準優勝、’90年のW杯イタリア大会では優勝を成し遂げた。同年9月フランスのオリンピック・ド・マルセーユの技術指導者として2年契約を結ぶ。’91年6月監督辞任、テレビのコメンテーターとなる。’93年1月より三菱自動車の欧州を中心とした広告宣伝活動に携わる。同年12月古巣バイエルンの監督に就任。一時会長職にあったが、’96年4月監督再任。’98年10月ドイツサッカー連盟副会長。’99年ドイツの記者による投票で、20世紀の“今世紀最優秀ドイツ選手”に選ばれる。2006年自国開催のW杯ドイツ大会組織委員会会長を務める。著書に「Einer wie ich」。W杯に通算5度、うち3度は選手として、2度は監督として出場、2度世界一になるなど他に並ぶもののない記録を持つ。選手、監督の両方でW杯優勝を成し遂げたのはブラジルのマリオ・ザガロとベッケンバウアーしかいない。

出典:日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フランツ ベッケンバウアー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

フランツ ベッケンバウアーの関連情報

関連キーワード

原子爆弾投下第2次世界大戦対日占領政策ミネリ(Vincente Minnelli)内閣総理大臣ディープ・パープルドイツ問題ホロウェイリーンインドネシア

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.