Rakuten infoseek

辞書

フランクランド

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

フランクランド
Frankland, Sir Edward
[生]1825.1.18. ランカシャー,チャーチタウン
[没]1899.8.9. ノルウェー,ゴラ
イギリスの化学者。薬局の徒弟修業を終えて,ドイツのマールブルク大学の R.ブンゼンのもとに留学し,1849年学位取得。帰国後オーウェンズ・カレッジ教授 (1851) ,王立研究所教授 (65) ,王立鉱山学校化学教授を歴任。有機金属化合物の研究を通し,52年原子価の理論を立て,化学構造論の基礎を築いた。 68年には河川の汚染問題に取組んだ。また,J.ロッキャーとともに太陽スペクトル研究を行い,ヘリウム発見。 97年ナイトの称号を贈られた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

フランクランド【Edward Frankland】
1825‐99
イギリスの化学者。ランカシャーに私生児として生まれる。薬局徒弟ののち,ロンドンのプレーフェアLyon Playfair(1818‐98),ドイツのR.W.ブンゼンに学んだ。1849年学位を得て,マンチェスターオーエンズカレッジセント・バーソロミュー病院,王立化学大学(のちに鉱山学校に併合)などの教職歴任した。有機化合物の基に関する研究から,亜鉛メチルなどの有機金属化合物を発見し,その構造研究によって,52年原子価概念提唱

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

フランクランド【Edward Frankland】
1825~1899 イギリスの化学者。有機金属化合物を発見、その研究に基づいて原子価の概念を提唱。科学が専門化し、職業化しつつあった当時のイギリスで科学教育の制度的確立に努力した。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

フランクランド
ふらんくらんど
Sir Edward Frankland
(1825―1899)
イギリスの化学者。ランカシャー州チャーチタウンの生まれ。薬局の徒弟奉公ののち、ロンドンに出てプレイフェアLyon Playfair(1818―1898)のもとで化学を学んだ。ついでドイツのマールブルク大学に留学、ブンゼンのもとで研究し、1849年に学位を得た。1851年以来マンチェスターのオーウェンス・カレッジ、ロンドンのセント・バーソロミュー病院、王立研究所などの化学教授を歴任、1865年王立化学大学(のち鉱山大学に合併)の教授となり、1885年に引退した。
 有機化学理論が混乱していた1847年当時、フランクランドはコルベとともにアルキル基を単離する試みを始めた。彼はヨウ化メチルに金属亜鉛を作用させ、生成した炭化水素のエタンを誤って遊離のメチル基と考えたが、このとき同時に最初の有機金属化合物であるジメチル亜鉛が得られた。亜鉛のほかスズや水銀を含むこの種の化合物の性質を研究した結果、1852年に彼はこれらの元素がそれぞれ一定数の有機基または他の原子とのみ結合しうることをみいだした。この考えは原子価の概念の先駆けとなり、やがてケクレが化学構造理論を完成させる基礎となった。彼はまた1863年から1870年にかけて有機金属化合物を用いたさまざまな合成法の研究も行った。
 フランクランドの関心は有機化学のほか広い分野に及んだ。1861年ガスの燃焼における空気の圧力と光度の関係を研究、それはガス照明や天体スペクトルの問題に応用され、1868年ロッキャーとともに太陽スペクトル中にヘリウムの暗線を発見した。1866年には筋肉運動のエネルギー源が炭水化物と脂肪にあることを定量的実験によって明らかにした。また、1865年以来ロンドンの上水道の水質管理、および汚水処理問題の解決に尽力した。[内田正夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

フランクランド
フランクランド
Frankland, Edward

イギリスの化学者.薬局の徒弟となった後に,1845年ロンドンでL. Playfairの実験助手となった.同地でA.W.H. Kolbe(コルベ)と知り合い,ともにマールブルク大学でR.W.E.Bunsen(ブンゼン)に学ぶ.1847年に帰国してHampshireのQueenwood College講師となり,J. Tyndall(チンダル)の同僚となった.1848年再度渡独して,1849年博士号を取得.1851年新設のマンチェスター大学のOwens College化学教授,1857年ロンドンのセント・バーソロミュー病院化学講師,1863年ロイヤル・インスティチューション教授を歴任.1865年A.W. Hofmann(ホフマン)の後任として王立鉱山学校教授となり,イギリス化学教育の中心人物となった.エチル遊離基の研究中,はじめての有機金属化合物ジエチル亜鉛を得た.また,多くの有機金属化合物の新合成法を見いだし,これらの研究から,原子が特有の結合能力をもつことを知り(1852年),原子価概念の端緒となった.石炭ガス,水質検査法にも関心をもち,N. Lockyerと太陽スペクトルを研究(1869年)し,ヘリウム発見の糸口をつくった.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フランクランド」の用語解説はコトバンクが提供しています。

フランクランドの関連情報

関連キーワード

産業革命史(年表)アレクサンドルホイットニーボワソナードムニクー岩漿クリューガーニコライ[1世]アレクサンドルサン=シモン

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.