Rakuten infoseek

辞書

フラミニヌス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

フラミニヌス
Flamininus, Titus Quinctius
[生]前227頃
[没]前174. ローマ
古代ローマの軍人,政治家。ギリシアに好意をもち,前 198年アカイア連盟と結んでマケドニアフィリッポス5世と戦い,彼を譲歩させて前 196年コリントでギリシア人の自由を宣言,そのためギリシア人から救世主とたたえられ神々と並んで祀られた。前 192年にも東方におもむき,スパルタ王ナビス,シリア王アンチオコス3世と戦い,アカイア連盟を守った。また前 183年にはビチュニア王プルシアスにハンニバルの引渡しを要求する使節となった。執政官 (コンスル,前 198) ,戸口総監 (ケンソル,前 189) をも歴任,外交手腕にすぐれ,ギリシアの自治を支持するリベラルな政策をとった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

フラミニヌス【Titus Quinctius Flamininus】
前229?‐前174
第2次マケドニア戦争(前200‐前197)を勝利に導いたローマの将軍。30歳の若さでコンスルとして指揮権を握り,アイトリア同盟等の協力を得てテッサリアのキュノスケファライでマケドニア軍に大勝(前197),フィリッポス5世の勢力をギリシア・小アジア全土から駆逐した。翌年,コリントスのイストミア祭に臨んでギリシア人の自由を宣言,ローマ軍の撤退を約してギリシア人から〈救い主〉と感謝された。しかしその実,彼の考える〈自由〉とは各ポリスの親ローマ的富裕市民による寡頭支配確立にほかならず,スパルタ王ナビスの市民間の貧富の差の解消をめざす改革には激しい妨害を加えた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

フラミニヌス
ふらみにぬす
Titus Quinctius Flamininus
(?―前174)
古代ローマの軍人、政治家。紀元前198年若くしてコンスル(統領)となり、マケドニア王フィリッポス5世に勝利を収めて第二次マケドニア戦争を終結させた。前196年イストミアの祭典で「ギリシア人の自由」を宣言し、ローマによるギリシア、マケドニア支配の基礎を固めた。のちスパルタ王ナビスを破り、アルゴスをもローマの支配下に収めた。彼による一連の東方征服は、ローマがのちにギリシア、小アジア方面へ勢力を拡大していく基礎を築くことになった。[田村 孝]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フラミニヌス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

フラミニヌスの関連情報

関連キーワード

アクチニウム中日新聞アクチニウムアンティゴノス(3世)取調べ冒頓単于冒頓単于冒頓単于わいせつ罪争点証拠整理手続

他サービスで検索

「フラミニヌス」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.