Rakuten infoseek

辞書

フラウンホーファー線【フラウンホーファーせん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

フラウンホーファー線
フラウンホーファーせん
Fraunhofer line
太陽の連続スペクトル中に現れるたくさんの暗線。 1814年 J.フラウンホーファーが発見した。これらの暗線は数万本が発見されており,その大部分は太陽から出た連続光が,太陽表面の反彩層中の種々の元素により吸収されたものである。一部は地球大気層による吸収も含まれている。顕著な線には,A,B,Cなどの符号がつけられており,酸素分子によるB線,水素原子のC線 (Hα) ,ナトリウム原子のD線,カルシウム原子のH線,K線などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

フラウンホーファー‐せん【フラウンホーファー線】
太陽の連続スペクトル中に見られる無数の暗線。1814年、ドイツの物理学者フラウンホーファー(J.von Fraunhofer)が発見。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

法則の辞典

フラウンホーファー線【Fraunhofer line】
太陽の連続スペクトル中にフラウンホーファー(J. Fraunhofer)が1814年に発見した多数の暗線.当時識別されたのは数百本であったが,現在では数万本以上が知られている.顕著なものにはフラウンホーファーがアルファベットを付したのでよく「○線」のように呼ばれている.地球大気の酸素分子によるB線,太陽大気の水素原子によるC線,ナトリウムによるD線(D1,D2),カルシウムによるH線などがよく知られている.B線のように地球の大気によって吸収されたものもある.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

フラウンホーファーせん【フラウンホーファー線 Fraunhofer lines】
太陽光を分光器を通して見ると,連続スペクトルの中に,ところどころに暗線が見られる。これは連続的なスペクトル分布をもつ太陽光が,太陽大気,あるいは地球大気中にある気体原子,分子によって,共鳴的に吸収されることによって生ずる。ドイツのJ.フラウンホーファーが最初にこれを発見したことからこの名がある。現在では数万本に及ぶ吸収線が見いだされている。なかには輝線となって現れるものもある。おもなものは,H,He,Fe,Na,Caなどの原子および地球大気(O2などの分子)の可視域の吸収線に同定されており,表に示すような記号が定められている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

フラウンホーファーせん【フラウンホーファー線】
太陽光の連続スペクトル中に見られる多数の暗線。太陽の連続スペクトルの光のうち、特定の波長のものが、太陽の外層および地球の大気中の原子・分子に吸収されて起こる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

フラウンホーファー線
ふらうんほーふぁーせん
Fraunhofer lines
太陽スペクトルに見られる暗線(吸収線)。ドイツの光学機器開発者であったフラウンホーファーにちなむ名称である。1802年、ウォラストン太陽スペクトル中に暗線を見つけていた。その後、分光器にコリメーターを導入し、吸収線を詳しく観測できるようにしたフラウンホーファーは、1814年に太陽スペクトル中に多数の明瞭な暗線があることを発見した。高温ガスと観測者とのあいだに低温ガスがあると、低温ガスを構成している原子やイオンなどの粒子が、それぞれ固有の波長の光を吸収するので吸収線が生じる。
 さらに、吸収する粒子数が多ければ吸収線も強く現われるので、フラウンホーファー線を調べることにより、太陽大気中に存在する元素の種類や存在量がわかる。これにより、太陽大気のガスの成分は質量比で水素が70.7%、ヘリウムが27.4%、その他の元素は全部で1.9%であることがわかった。さらに、吸収線の輪郭は、粒子運動や磁場により広がるので、輪郭を調べることにより、光球や彩層のガスの運動や温度や磁場の強さの情報も得られる。フラウンホーファーの観測から太陽にはわずかではあるが金属元素が存在することが判明し、太陽は第一世代の恒星ではなく、第二世代か第三世代の星であると考えられている。[日江井榮二郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

フラウンホーファー‐せん【フラウンホーファー線】
〘名〙 (フラウンホーファーはFraunhofer) 太陽の連続スペクトル中にみられる無数の暗線。一八一四年物理学者フラウンホーファーが発見。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フラウンホーファー線」の用語解説はコトバンクが提供しています。

フラウンホーファー線の関連情報

他サービスで検索

「フラウンホーファー線」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.