Rakuten infoseek

辞書

フライ級【フライキュウ】

デジタル大辞泉

フライ‐きゅう〔‐キフ〕【フライ級】
flyweight フライは蠅の意》ボクシングなどの体重別階級の一。アマチュアボクシングの男子ではバンタム級よりも軽くライトフライ級よりも重い階級で、49キロを超え52キロまで。女子は48キロを超え51キロまで。ジュニアではライトバンタム級とライトフライ級の間で48キロを超え50キロまで。プロボクシングではスーパーフライ級よりも軽くライトフライ級よりも重い階級で、108ポンドを超え112ポンドまで。
[補説]ムエタイでは、アマチュアで48キロを超え51キロまで、プロは108ポンドを超え112ポンドまで。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

フライきゅう【フライ級】
ボクシングなどの体重別階級の一。アマチュアボクシングでは48キログラム 超51キログラムまで。プロボクシングでは108ポンド(約48.9キログラム)以上、112ポンド(約50.8キログラム)まで。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

フライ‐きゅう ‥キフ【フライ級】
〘名〙 (フライはflyweight の略) ボクシングの体重別階級の一つ。一〇八~一一二ポンド(四八・九九~五〇・八キログラム)。レスリング、ウエートリフティングなどでも使われたことがある。
※瀕死の青春(1957)〈井上友一郎〉三「色白のハンサムで、それにフライ級と来てるでしょう」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フライ級」の用語解説はコトバンクが提供しています。

フライ級の関連情報

関連キーワード

ライトフライ級スーパーフライ級ジュニアフライ級ミニフライ級

他サービスで検索

「フライ級」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.