Rakuten infoseek

辞書

フライパン

デジタル大辞泉

フライパン(frypan)
いため物・揚げ物などに用いる、浅くてのついた

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

フライパン【frypan】
のついた浅い鍋。いためたり、揚げたりするのに用いる。スキレット。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

食器・調理器具がわかる辞典

フライパン
焼き物・炒め物・揚げ物などに使う、長い柄の付いた、浅くてが平らな丸い鍋。材質は、ステンレスアルミニウムなど。焦げつき防止のため、内側フッ素樹脂加工したものも多い。◇「frying pan」から。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

フライパン
ふらいぱん
frying pan
フライ鍋(なべ)ともよび、薄く油をひいて食品を油焼きしたり、あるいは少量の油で揚げる、あるいは炒(いた)めたりするのに用いる、平たい片手付き鍋をいう。もともとは、パン(鉄の板)の名があるように、鉄板を打ち抜いたものであったが、いまではアルミニウムやステンレス、銅などのものも用いられている。また、内部に焦げ付きや食品の付着を防ぐための樹脂加工をしたものもある。
 1700年代、北ヨーロッパで使いだされたものだといわれる。日本にこれが入ったのは明治になってからで、明治末期から大正にかけて徐々に普及していった。とくによく普及し始めたのは、大正時代になり、家庭でも洋風まがいの料理がつくられるようになってからである。
 材質としては鉄板がよく、これは油ののりがよいからである。樹脂加工のものは油が平均にのりにくく、ムニエルなど少量の油を使う料理の味は鉄板のものに劣る。また、ステンレスのものは、錆(さ)びない点は手入れしやすいが、焦げ付いたりする欠点がある。これは、鉄板だと細かいくぼみが表面にあり、そこに油が入って、油がなじみやすいが、ステンレスではそれがないからである。また、厚手のアルミニウムのものも、特殊な用途、たとえばフライドエッグ(目玉焼き)など用として売られている。
 手入れは、使用後によく洗い乾かしておく。とくに鉄板製のものは、洗ったあと水気をふいて火にかけ、完全に乾かしてから油を薄くひいて錆びないように気をつける必要がある。なお、鉄板製のものは洗剤で洗うと、くぼみに入りなじんだ油までとってしまうので、なじませるまでに時間がかかる。熱湯を使いよくたわしでこすりながら洗う程度にとどめておくことがだいじである。[河野友美・大滝 緑]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

フライ‐パン
〘名〙 (frypan) 揚げ物、いため物をする時などに用いる、柄がついた平たい鍋。揚げ鍋。〔西洋礼式作法料理法食事法(1886)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フライパン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

フライパンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.