Rakuten infoseek

辞書

フッ素樹脂【フッそじゅし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

フッ素樹脂
フッそじゅし
fluoro-resin
フッ素を含む熱可塑性樹脂をさす。代表的なものとして,ポリテトラフルオロエチレンポリクロロトリフルオロエチレン,および,それらとパーフルオロアルキルビニルエーテル,ヘキサフルオロプロピレン,エチレンなどとの共重合体,ポリビニリデンフルオライド,ポリビニルフルオライドがあげられる。高融点,耐久性,撥水性,不燃性,耐溶剤性などが共通の特性である。それらの特性は,樹脂を構成する高分子鎖の構造,特に,樹脂中のフッ素含有率に依存し,一般に,フッ素含有率が減少するほど,耐熱性や耐腐食性は低下するが,加工性は向上する。フッ素樹脂は,パッキング,チューブ,シート,電線被覆,電子機器部品,ライニングなどに用いられる。 (→テフロン )  

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

フッ素樹脂
 フッ素を含んだ,アルケン類を重合させて作る熱可塑性樹脂.テフロン(商標名)などがある.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

フッ素樹脂
ふっそじゅし
fluorocarbon fiber
フッ化炭化水素の重合物の総称であり、熱可塑性樹脂に属する。「テフロン」Teflonという商品名でアメリカのデュポン社から市販されているものが多い。その需要の90%がポリテトラフルオロエチレンであり、そのほかにポリクロロトリフルオロエチレン、フッ化エチレン‐プロピレン共重合体、ポリフッ化ビニリデンなどがある。[垣内 弘]

製造法

代表的な単量体テトラフルオロエチレン(TFE)はのようにして合成される。中間体のジフルオロクロロメタンは商品名をフレオン22(Fleon-22)といい、冷媒として多量に使用されている。
 TFEの重合はいろいろあるが銀内張りしたオートクレーブ中で酸素を触媒とした高圧重合法や、過酸化ベンゾイルを触媒にした懸濁重合法がある。
 CF2=CF2→-CF2-CF2-CF2-CF2- (PTFE)
 PTFEはポリエチレンの水素が完全にフッ素に置換したもので、しかも対称的な構造をもっている。炭素と水素の結合よりもこの炭素とフッ素の化学結合の結合解離エネルギーが大きいので、耐熱性、耐化学薬品性、耐候性が優れている。また、表面張力も小さいので電気的特性(とくに誘電特性)が抜群である。耐熱性、耐薬品性のあまりにも優れているために成形加工が困難となるし、また室温付近での機械的性質があまりよくないので、それらの点を改良するために変性したものが先に述べたPTFE以外のフッ素樹脂で、たとえばPCTFEは256~282℃の融点をもつので溶融加工が可能となる。さらに溶融加工ができ、しかも熱安定性と高温度における機械的性質の優れたテフロンPFAが開発された。融点は302~310℃でPTFEのそれに近い。PCTFEはケルF(Kel-F)とよばれ、零下80℃から200℃の温度範囲で使用可能である。PTFEは零下100℃から250℃までの可使温度範囲をもっている。
 フッ素樹脂の用途は、一般のプラスチックでは使用できない高温とか低温用または化学薬品を使用する部分など、またテープとして電気絶縁テープは高温―低温サイクルの激しいモーター用などに用いられる。やや高価なことが欠点である。[垣内 弘]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

フッ素樹脂
フッソジュシ
fluororesin

フッ素を含むオレフィンを重合して得られる合成樹脂の総称.現在,市販されているおもなものは,ポリ(テトラフルオロエチレン)ポリ(クロロトリフルオロエチレン)ポリ(フッ化ビニル)ポリ(フッ化ビニリデン)テトラフルオロエテン-ヘキサフルオロプロペン共重合体である.いずれも強固な炭素-フッ素結合(解離エネルギー448 kJ mol-1)およびフッ素により強化された炭素-炭素結合をもつため,共通してきわめてすぐれた熱的,機械的,電気的,化学的特性を有している.融点はきわめて高く,ポリ(テトラフルオロエチレン)が327 ℃,ほかの樹脂も200 ℃ 前後である.用途は主としてこれらの特性を利用した,腐食性薬品,有機溶剤用のシール,パッキング,ポンプなどの部品,軸受,耐熱電線被覆,一般電気機器の絶縁材料などである.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フッ素樹脂」の用語解説はコトバンクが提供しています。

フッ素樹脂の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.