Rakuten infoseek

辞書

フダンソウ

栄養・生化学辞典

フダンソウ
 [Beta vulgaris var. cicla].ナデシコ目アカザ科ドウヂシャ属の二年草.食用にする.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

フダンソウ
ふだんそう / 不断草
[学]Beta vulgaris L. var. cicla L.
アカザ科の一、二年草。トウヂシャともいう。南ヨーロッパ原産で、サトウダイコンや飼料ビートの近縁種であるが、根は肥大しない。多くの根出葉を次々と出し、葉を順次かき取って葉菜として一年中利用できるので、フダンソウ(不断草)という。2年目の初夏にとう立ちして、草丈1~1.5メートルになり、黄緑色の小花を多数つける。葉は柔らかく、塩ゆで、バター炒(いた)め、煮物などにする。日本には江戸時代以前に伝来した。[星川清親]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フダンソウ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

フダンソウの関連情報

関連キーワード

ビデオ・アシスタント・レフェリートウガラシサクランボ恭菜莙薘砂糖萵苣甜菜不断草ナツメモモ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.