Rakuten infoseek

辞書

フォービスム

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

フォービスム
Fauvisme
野獣派,野獣主義フォーブともいう。 20世紀初頭フランスに起った絵画運動。印象派の衰微した画風に反発し,ゴッホ,ゴーガン,セザンヌの作品に刺激された若い画家たちが,相互の交友関係を土台に一時期,同一歩調を示した運動。原色主体の激動的色彩と大胆な筆触から,粗野で力強い画面を生み出した。通説によれば,1905年のサロン・ドートンヌの一室に展示されたある彫刻を,批評家 L.ボークセルが「野獣たち (フォーブ) の檻に入れられたドナテロ」と評したのがこの名称の由来という。中心作家は H.マチス,A.マルケ,H.マンギャン,C.カモアン,ブラマンク,A.ドラン,R.デュフィ,O.フリエスブラック,K.ドンゲン,J.ピュイなど。 07~08年以降彼らは各自の個性的表現の探究に向い,グループは崩壊した。日本では大正末期からすでにフォーブ的な作品が現れ,万鉄五郎の『裸体美人』 (1912) やフュウザン会の作品などにその傾向がみられる。また 26年に前田寛治,里見勝蔵,佐伯祐三らがフォービスムを基調とした「1930年協会」をつくり,昭和初期の洋画壇の主傾向は日本的感性に基づくフォービスムであった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

フォービスム
20世紀初頭、フランスを中心に、純粋色を並置した荒々しい筆致と単純化された大胆な構図で、従来の自然の模倣としての絵画を解放し、表現者の個性を重視しようとした動向。1905年、パリのサロン・ドートンヌでマチスやドラン、ブラマンクらが出品した作品に、美術評論家ルイ・ボークセルが、「野獣(フォーブ)」と形容したことに由来。最年長で運動の先頭に立ったマチスは、人物の肌の色には本来ありえない緑色を使って肖像画を描くなどした。それらは、19世紀末のポスト印象派、特に、ゴッホによる色彩表現と激しい感情の表出、ゴーギャンの「原始的」なものへの関心や装飾的な平面表現、シニャックの点描による構成などから、多くの影響を受けていた。だが運動自体としてのまとまりを持たず、数年で作家たちは個別の表現へと解消していった。日本ではパリへ渡り、エコール・ド・パリの影響を受けた前田寛治、佐伯祐三、里見勝蔵らが結成した1930年協会や、それに続く独立美術協会などを経て急速に受け入れられ、日本の情緒的な自然観とも結びついて、日本的フォービスムと呼ばれるスタイルを生み出した。
(山盛英司 朝日新聞記者 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

フォービスム(〈フランス〉fauvisme)
20世紀初頭、フランスに興った絵画の流派。激しい原色の対比、大胆な筆致を特色とする。マチスデュフィブラマンクドランなどが代表的。野獣派。野獣主義。フォーブ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

フォービスム【Fauvisme】
キュビスムとともに20世紀初頭にもっとも影響力をもった絵画史上の変革運動,またその流派。〈野獣派〉〈野獣主義〉と訳されることもある。1905年サロン・ドートンヌの第7室に展示されたフランドランJ.Flandrin,マルケ,ルオーたちの作品に囲まれるようにしてマルクA.Marqueのイタリア風のトルソーが置かれていたのを,美術批評家ボークセルLouis Vauxcellesが評して〈野獣(フォーブ)の檻のなかのドナテロ〉といったことから,〈フォービスム〉の名称が生まれる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

フォービスム【fauvisme】
二〇世紀初め、フランスの画家たち(マチス・ルオー・ブラマンク・デュフィなど)が始めた画風。原色的色彩、奔放な筆触の太い描線を特徴とする。野獣派。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

フォービスム
ふぉーびすむ
fauvisme
20世紀初頭にフランスでおこった絵画の革新運動。野獣派と訳され、フォーブとも称される。強烈な色彩を並置する大胆な手法で色彩の自律性を強調し、絵画上の新たな個性解放を目ざした。フォーブの画家たちは、明確な理論的前提に基づいて結び付いていたわけでもなく、グループとしてのマニフェスト(宣言)を発表することもなかった。彼らは交友や接触を通じて、類似した意図をもつ画家として、しだいに一つのまとまりを形成していった。したがって、その範囲はときにあいまいになることもあるが、基本的には起源を異にする次の三つの小グループから成り立っていた。
 第一は、マチス、マルケ、マンギャン、カモワンといったエコール・デ・ボザール(国立美術学校)でギュスターブ・モローのアトリエに学んだ画家たち、第二は、パリ近郊のシャトゥーに住み、制作をともにしたドランやブラマンクのいわゆるシャトゥー派、第三は、やや遅れて登場したフリエス、デュフィ、ブラックといったル・アーブル出身の画家たちである。さらにこれとは別に、オランダ生まれのバン・ドンゲンがフォーブの一員と目されるようになる。
 彼らはアンデパンダン展やベルト・ウェイユ画廊、そして1903年に創設されたサロン・ドートンヌを発表の場としてしだいに一つのグループに統合していくが、05年のアンデパンダン展で、ブラックを除いて未来のフォーブの画家たちの作品がほぼ一堂に会することになった。そして同年秋のサロン・ドートンヌの第七室に、主催者の配慮により、マチス、ドラン、マンギャン、マルケ、カモワン、ブラマンクらの生々しい色彩の作品が展示され、この部屋がフォービスムの実質的なマニフェストとなった。このとき、批評家ルイ・ボークセルは『ジル・ブラス』紙上(同年10月17日号)で会場のようすを紹介しながら、第七室の中央に設置されたマルクの古典的な子供の彫刻をさしてこう書いた。「フォーブ(野獣)に囲まれたドナテッロ……」と。これはけっして嘲笑(ちょうしょう)を意図して発せられたことばではないが、いずれにせよなかば偶然の結果として、「フォーブ」の名称が生まれ、運動としてのフォービスムが始まった。
 フォーブのスタイルは、印象派以後の種々の傾向、とりわけ、ゴッホの色彩表現と激しい感情の表出、ゴーギャンの装飾的な色面、さらにはシニャックなど新印象主義の鮮やかなモザイク状の色彩単位による構成などから大きな影響を受けている。またセザンヌの芸術は、1907年に決定的に再評価され、フォービスムの終焉(しゅうえん)に大きく作用するが、それでもなお、その影響はフォービスムの出発点から重要な要素の一つであった。フォーブの画家のなかでは最年長のマチスが中心的な存在であり、さまざまな形でグループをリードしたが、しかし最初に真のフォーブ的スタイルで作品を制作したのは、おそらくドランであった。主題の点ではフォーブの絵の多くは印象主義的伝統に連なり、現実世界の喜びを率直に歌い上げている。
 フォービスムの運動は1905年から07~08年ころまでわずか数年続いたにすぎず、その後この派の仲間の多くは、禁欲的な色調による構成的方向に転じたり、伝統的な古典的世界へと復帰した。[大森達次]
『レナータ・ネグリ解説、吉川逸治訳『現代の絵画11 マティスとフォヴィスム』(1973・平凡社) ▽ガストン・ディール解説、渡辺康子訳『フォーヴィスム(世界の巨匠シリーズ別巻)』(1981・美術出版社) ▽『世界美術大全集 第25巻 フォーヴィスムとエコール・ド・パリ』(1994・小学館)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

フォービスム
〘名〙 (fauvisme fauves は「野獣」の意) 二〇世紀初頭にフランスで起こった絵画の一流派。マチス、マルケ、ブラマンク、デュフィらがこの流派に属し、激しい色彩の対比と荒々しい筆致をその特徴とする。フォーブ。野獣派。〔近代絵画(1954‐58)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フォービスム」の用語解説はコトバンクが提供しています。

フォービスムの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.