Rakuten infoseek

辞書

フォトトランジスタ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

フォトトランジスタ
phototransistor
光の検出に用いられるトランジスタ。通常ベースは浮かして2端子素子として用いる。ベース中に照射によって生じた少数キャリアはにコレクタ領域に流れる。このため,ベースの電位エミッタから少数キャリアがベースに注入されやすいように変化する。それによってエミッタからベースに少数キャリアが注入され,通常のトランジスタの場合と同じようにこれがコレクタに流れる。すなわち光の照射によって生じたベース中の過剰の少数キャリアは,通常のトランジスタ増幅作用におけるベース電流の源となり,コレクタ・エミッタ間に増大された大きな電流が流れる。フォトダイオードに比べ感度が大きい。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

フォトトランジスタ【phototransistor】
光照射によって生じた光電流をトランジスタ作用で増幅する光検出器。ベース領域に光をあてると大きなコレクター電流が流れる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

フォト‐トランジスタ
〘名〙 (phototransistor) 光の照射で生じたキャリアで電流を増幅するトランジスタ。光検知器などに用いられる。ひかりトランジスタ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フォトトランジスタ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

フォトトランジスタの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.