Rakuten infoseek

辞書

フォックステリア

デジタル大辞泉

フォックス‐テリア(fox terrier)
家畜のの一品種。英国原産。小形のテリアで、狐狩りなどに用いた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

フォックステリア【fox terrier】
イヌの一品種。イギリス原産。体高35センチメートル 程度。被毛のかたいワイアーフォックステリア、滑らかな短毛のスムースフォックステリアがある。かつて狐狩りに使った。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

フォックステリア
ふぉっくすてりあ
fox terrier
哺乳(ほにゅう)綱食肉目イヌ科の動物。家畜イヌの1品種。数あるテリア種のなかでも、もっともよく知られた犬種の一つで、イギリスでキツネその他の小獣猟に使われてきた。四角い体つきをした長脚の小形テリアで、性質は陽気で負けん気が強く、しゃれた外観と相まって、これぞテリアという感じがする犬種である。短毛のスムースヘアードフォックステリアと、粗い針金状の毛をもつワイヤーヘアードフォックステリアとがあるが、後者が一般的である。尾は高く保持され、4分の3の長さに断尾する。毛色は白地に黒、褐色のハウンドマーキングに似た斑(はん)のものが多い。ワイヤーヘアードではトリミングする。体高39センチメートル以下、体重6.5~8.5キログラム。[増井光子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

フォックス‐テリア
〘名〙 (fox terrier) イヌの品種の一つ。イギリス原産で、もとはキツネ狩やアナグマ狩に使った。体高約四〇センチメートルほど。現在は長毛のワイヤヘアード‐フォックステリアと、短毛のスムースとに分けられている。
※雪の遠足(1929)〈志賀直哉〉「母犬は相当なフォックステリヤだが」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フォックステリア」の用語解説はコトバンクが提供しています。

フォックステリアの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.