Rakuten infoseek

辞書

フェルメール

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

フェルメール
Vermeer, Jan
[生]1632.10.31. 〈洗礼デルフト
[没]1675.12.16. 〈埋葬〉デルフト
オランダの画家。本名 Jan van der Meer van Delft。1653年生地デルフト聖ルカ画家組合に登録,終生同地で活躍。室内画風俗画少数の風景画,寓意画などの 40点に満たない作品が確認されているほかは経歴不詳。その独自の宝石のような輝きと澄明な光と色に満ちた静謐な画面の真価が認められたのは 19世紀後半で,今日ではフランス・ハルスレンブラント・ファン・レインと並ぶ 17世紀オランダ絵画の巨匠とされている。代表作『ミルクを注ぐ召使』(1658~60頃,アムステルダム国立美術館),『画家のアトリエ絵画芸術の寓意)』(1665頃,ウィーン美術史美術館),『恋文』(1666頃,アムステルダム国立美術館),『音楽のレッスン』(ウィンザー城王立美術コレクション)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

フェルメール(Jan Vermeer van Delft)
[1632~1675]オランダの画家妙な光と材質感の表現にすぐれ、静謐(せいひつ)な室内画を残した。代表作「画家のアトリエ」「青いターバンの少女真珠の耳飾りの少女)」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

フェルメール【Jo(h)annes Vermeer】
1632‐75
オランダの画家。現在はしばしばヤン・フェルメールJan Vermeerと通称されているが,画家の自筆にはこの標記は見られない。粗野な農民主題や陽気で喧噪な宴会情景に代わって17世紀後半に台頭した静穏で落ち着いた雰囲気の室内風俗画の代表者。大胆な近接視点の設定と広角視野の導入によって狭いオランダ都市住宅の室内空間を臨場感豊かに再現し,遠近法の歴史にも新局面をひらいた。現存作品約35点という極端な寡作のためもあって死後まもなくまったく忘却されたが,1860年代フランスの批評家トレによって再発見されて以後は着実に評価が高まり,今日ではレンブラントと並ぶ17世紀オランダ絵画の最高峰とあまねく認められている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

フェルメール【Jan Vermeer】
1632~1675 オランダの画家。市民の生活情景を描いた風俗画で知られる。「デルフトの眺望」「牛乳をつぐ女中」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

フェルメール
ふぇるめーる
Jan Vermeer van Delft
(1632―1675)
17世紀オランダ風俗画を代表する画家。デルフトに生まれ、同地に。生涯については詳しいことはほとんど知られておらず、またその評価も長い間埋もれていて、19世紀なかばになってようやく真価が認められるようになった。わずかな記録によれば、彼は画商の子として生まれ、1655年父の死後その業を受け継いだ。画家としてはカレル・ファブリティウスの影響を受けているが、2人の間に師弟関係があったかどうかは不明である。1653年デルフトの画家組合に登録され、同年カタリナ・ボルネスと結婚。62~63年、69~70年の再度にわたって画家組合の幹部の一人であったことは確かである。
 彼はきわめて遅筆であり、しかもほとんどが小品で、現存する作品は35点前後。1人ないし2人の人物の家庭内の生活を描いたものが大部分で、ほかに宗教的題材のものもある。また、わずか2点にすぎないが風景画もあり、とくにハーグ、マウリツホイス美術館の『デルフトの眺望』は名作として名高い。彼の絵は色調がみごとで、赤・青・黄などの精妙な対比によって描き出される室内情景は、あたかも晴れた日の北欧の朝の大気そのものを思わせ、明るく澄みきった柔らかい光と色の調和のなかに、しっとりとした情趣と静謐(せいひつ)感をあふれさせている。初期の明るい部分と暗い部分のくっきりした対比は、後年になるほど和らげられている。そのほか『手紙を読む女』(ドレスデン絵画館)、『牛乳をつぐ女中』(アムステルダム国立美術館)、『ターバンの少女』(マウリツホイス美術館)、『レースを編む女』(ルーブル美術館)、『画家のアトリエ(絵画芸術の寓意)』(ウィーン美術史博物館)などがとくに有名である。[嘉門安雄]
『美術出版社編・刊『フェルメール』(1970)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

フェルメール
(Jan Vermeer van Delft ヤン━ファン=デルフト) オランダ、デルフトの画家。精妙な光と材質感の表現にすぐれ、静謐な室内画、風景画などを残した。代表作「画家のアトリエ」。(一六三二‐七五

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フェルメール」の用語解説はコトバンクが提供しています。

フェルメールの関連情報

関連キーワード

ガリレイグスタフレンブラント甲良宗広町田宗加甲良宗広グスタフウワディスワフ4世ワーザジグムント3世ワーザ梵舜

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.