Rakuten infoseek

辞書

フェリーニ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

フェリーニ
Fellini, Federico
[生]1920.1.20. リミニ
[没]1993.10.31. ローマ
イタリアの映画監督。挿絵画家,旅回りの劇団員,ラジオの台本書きなどの仕事ののち,1945年から 1952年までロベルト・ロッセリーニの脚本家,助監督としてネオレアリズモ映画の誕生に大きく貢献した。1950年監督となり,4作目の『』La Strada(1954)の成功で一躍国際的名声を得た。作品には『カビリアの夜』Le notti di Cabiria(1957),『甘い生活』La dolce vita(1960,カンヌ国際映画祭グランプリ),『81/2』Otto e mezzo(1963),『魂のジュリエッタ』Giulietta degli Spiriti(1965),『サテリコン』Satyricon(1969),『フェリーニのアマルコルド』Amarcord(1973,アカデミー外国語映画賞),『女の都』La città delle donne(1980),『ジンジャーとフレッド』Ginger e Fred(1985),『インテルビスタ』Intervista(1987)などがある。(→イタリア映画

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

フェリーニ(Federico Fellini)
[1920~1993]イタリアの映画監督。ネオレアリズモ映画の一翼を担い、人間の精神世界を重視して独特の映像を創造した。代表作「」「甘い生活」「サテリコン」「カサノバ」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

フェリーニ【Federico Fellini】
1920‐93
イタリアの映画監督。〈ネオレアリズモ〉から出て〈ネオレアリズモ〉を変革した重要な監督として知られる。彼の名は《無防備都市》(1945)をはじめとするロベルト・ロッセリーニ監督作品からピエトロ・ジェルミ監督《無法者の掟》(1949),《越境者》(1950)などに至る〈ネオレアリズモ〉の創造的な時代のシナリオライターとして早くから注目されており,〈ネオレアリズモ〉を生み出し,支えてきた重要な担い手の一人として認められていたが,その名声を世界的にした監督第5作《》(1954。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

フェリーニ【Federico Fellini】
1920~1993) イタリアの映画監督。イタリア経済の復興がもたらした精神の退廃を、映像の魔術師と呼ばれる華麗な映像美で描いた。代表作「道」「甘い生活」「 8 ½ 」「サテリコン」「カサノバ」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

フェリーニ
ふぇりーに
Federico Fellini
(1920―1993)
イタリアの映画監督。1月20日アドリア海に面した小都市リミニに生まれる。漫画や似顔絵かき、ラジオの台本書き、ギャグライターなどを経て映画のシナリオに手を染める。1942年、女優のジュリエッタ・マシーナGiulietta Masina(1923―1994)と結婚(のちに彼女はフェリーニの多くの作品に出演)。第二次世界大戦後、ロッセリーニ監督ほかへの協力で、ネオレアリズモ期のイタリア映画の一翼を担うことになった。監督としては『寄席(よせ)の灯(ひ)』(1950、共同監督)ですでに後のモチーフの一つである芸人たちを登場させているが、一本立ちは次作『白い酋長(シーク)』(1952)からである。『青春群像』(1953)では、精神的巣立ちができない地方都市の「のらくら」青年たちを描いてベネチア国際映画祭で受賞したが、彼の名が国際的になったのは『道』(1954)によってである。『道』でヒューマニズムの作家と受け取られた彼は『甘い生活』(1960)で現代ローマの退廃と宗教の無力を描き論争を巻き起こしたが、『8』(1963)では「幻想の作家」としての資質を強く打ち出した。以後、女性の夢想世界『魂のジュリエッタ』(1965)、都市のファンタジー『フェリーニのローマ』(1972)、故郷への詩的幻想『アマルコルド』(1974)など一作ごとに独特の映像を創造し、現代のもっとも個性的な監督の一人となった。ほかに『崖(がけ)』(1955)、『カビリアの夜』(1957)、『サテリコン』(1969)、『道化師』(1970)、『カサノバ』(1976)、『女の都』(1980)、『そして船は行く』(1983)、『ボイス・オブ・ムーン』(1990)など。[岩本憲児]

資料 監督作品一覧

寄席の灯[アルベルト・ラトゥアーダとの共同監督] Luci del variet(1950)
白い酋長 Lo sceicco bianco(1952)
青春群像 I vitelloni(1953)
街の恋 L'amore in citt - Un Agenzia matrimoniale(1953)
道 La strada(1954)
崖 Il bidone(1955)
カビリアの夜 Le notti di Cabiria(1957)
甘い生活 La dolce vita(1960)
ボッカチオ'70~「誘惑」 Boccaccio'70- Le tentazioni del dottor Antonio(1962)
8 Otto e mezzo(1963)
魂のジュリエッタ Giulietta degli spiriti(1965)
世にも怪奇な物語~「悪魔の首飾り」 Histoires extraordinaires - Toby Dammit(1967)
サテリコン Fellini-Satyricon(1969)
フェリーニの道化師 I Clown(1970)
フェリーニのローマ Roma(1972)
フェリーニのアマルコルド Amarcord(1974)
カサノバ Il Casanova di Federico Fellini(1976)
オーケストラ・リハーサル Prova d'orchestra(1978)
女の都 La Citta delle donne(1980)
そして船は行く E la nave va(1983)
ジンジャーとフレッド Ginger e Fred(1985)
インテルビスタ Intervista(1987)
ボイス・オブ・ムーン La voce della luna(1990)
キング・オブ・アド The King of Ads(1991)
『岩本憲児編『フェリーニを読む――世界は豊穣な少年の記憶に充ちている』(1994・フィルムアート社) ▽フェリーニ著、岩本憲児訳『私は映画だ』新装改訂版(1995・フィルムアート社) ▽ジョン・バクスター著、椋田直子訳『フェリーニ』(1996・平凡社) ▽コスタンツォ・コスタンティーニ編著、中条省平・中条志穂訳『フェリーニ・オン・フェリーニ』(1997・キネマ旬報社) ▽トゥッリオ・ケジチ著、押場靖志訳『フェリーニ――映画と人生』(2010・白水社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

フェリーニ
(Federico Fellini フェデリコ━) イタリアの映画監督。当初はネオレアリズモの一翼を担い、のちに人間の精神世界を重視した独特の人工的映像を創造した。代表作「道」「甘い生活」「8½」「アマルコルド」など。(一九二〇‐九三

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フェリーニ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

フェリーニの関連情報

関連キーワード

大恐慌牧野省三戦間期フルハイビジョンフルHDフィッツジェラルドランランアメリカ演劇帰山教正グリフィス

他サービスで検索

「フェリーニ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.