Rakuten infoseek

辞書

フィリッポス[2世]【フィリッポス】

世界大百科事典 第2版

フィリッポス[2世]【Philippos II】
前382?‐前336
マケドニア王。在位,前359‐前336年。アレクサンドロス大王の父。少年時代に父アミュンタス3世死後の王位継承をめぐる争いに介入したテーバイ人質となり,この間軍事上学ぶものがあった(前368‐前365)。兄ペルディッカス3世が西方イリュリア人と戦い死ぬと兄の子の摂政,次いで前359年王となった。彼の政策はまず周辺諸部族との関係強化に向けられ,たとえばエペイロスの王族の娘オリュンピアスとの結婚を行った(前358か前357)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

フィリッポス[2世]」の用語解説はコトバンクが提供しています。

フィリッポス[2世]の関連情報

関連キーワード

南泥湾フィリッポス2世川辺川利水事業計画労働審判制度朱鷺メッセB型肝炎訴訟と基本合意認知症男性の死亡事故と判決至誠館大学フィリッポス

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.