Rakuten infoseek

辞書

フィリップ アルロー

現代外国人名録2012

フィリップ アルロー
Philippe Arlaud

国籍
フランス

専門
演出家;舞台美術家

出生地
パリ

学歴
ストラスブール国立劇場演劇大学

経歴
ストラスブールで演出・舞台美術・美術史を学び、1977〜81年ストラスブール国立劇場附属演劇集団のメンバーとして活躍。’82年フリーとなり、パリ・オペラ座、ウィーン国立歌劇場、ウィーン・フォルクスオーパー、ミラノ・スカラ座、ベルリン・ドイツ・オペラ、マリインスキー劇場など世界的な歌劇場やブレゲンツ、スポレート音楽祭で演出・舞台美術・照明を手掛ける。2002〜2007年バイロイト音楽祭で「タンホイザー」を演出。ヨーロッパでは“色彩の魔術師”と呼ばれている。2000年ウィーン国立歌劇場来日公演「シャモニーリンダ」の美術を手掛け、新国立劇場では2003年「ホフマン物語」、2005年「アンドレア・シエニエ」、2010年「アラベッラ」で演出・美術・照明を担当。

出典:日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)
(C) 2012 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フィリップ アルロー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

フィリップ アルローの関連情報

他サービスで検索

「フィリップ アルロー」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.