Rakuten infoseek

辞書

ファルセット

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ファルセット
falsetto
音楽用語。裏声仮声のこと。男声の最高音域の声区声帯を部分的に震わせることによって得られる響きで,男声アルトカウンターテナーとも呼ばれる。ルネサンス時代には合唱曲ソプラノやアルトが好んでファルセットで歌われたが,この習慣は今日イギリスのみに残っている。アルプス地方のヨーデルもファルセット唱法を用いる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ファルセット(〈イタリア〉falsetto)
通常の声域より高い声で歌う唱法。また、その声域。男声にいう。仮声。裏声。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ファルセット【falsetto】
女声の頭声に似た響きの男声の高い声。邦楽裏声と共通の声楽技法。ファルセットの際,ストロボスコープで観察すると,声帯の中央部が卵形に開いた状態にある。16世紀の多声音楽では,アルトやソプラノがファルセットによって歌われ,カストラートに対して〈自然な声〉と呼ばれた。こうした習慣は19世紀まで続き,今日でもイギリスの男声合唱グリー〉や,音色効果を生かして民俗音楽(スイスのヨーデルなど)に使われている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ファルセット【falsetto】
男性歌手が頭声とうせいよりもさらに高い声域で歌う技法。また、その声域。仮声かせい。裏声。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ファルセット
ふぁるせっと
falsetto 英語 イタリア語
声楽における発声技法の一種。男性歌手が声域の上限を広げるために用いる高い声。日本では一般に「裏声」とよばれる。16、7世紀のイギリスでとくに重要な発声技法で、これを売り物にする歌手も多く存在した。彼らはメイル・アルトmale altoまたはカウンター・テナーcounter tenorとよばれ、女性のアルトと同じ声域を出していた。しかしカストラート(少年時の声域を保つため去勢した男性歌手)とは異なり、声量の面で力強さを欠くため、今日ではテノール歌手がときおりこの技法を用いる程度である。ポピュラー音楽の世界では男性ソウルシンガーが好んでこの技法を用い、民俗音楽の分野ではスイスのヨーデル、日本の民謡『ホーハイ節』などに使われている。[アルバレス・ホセ]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ファルセット
〘名〙 (falsetto) 男声の通常の音域より高くて力が弱いつくり声。裏声(うらごえ)
※唐人お吉(1928)〈十一谷義三郎〉四「三味線を合せ、作り声(ファルセット)の微塵もない冴えた声で」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ファルセット」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ファルセットの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.