Rakuten infoseek

辞書

ファラオ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ファラオ
Pharaoh
古代エジプトの王をさす称号。エジプト語 per-`O(per-ao)のヘブライ語 (のちにギリシア語) 形。元来「大いなる家」すなわち王の宮殿を意味した。第 18王朝 (前 1567~1320) 以降,王の称号として用いられるようになり,第 22王朝 (前 945頃~715頃) 以降はこの称号と王の名とが並び用いられ,たとえば「ファラオ・ネコ」のように併記されるようになった。しかし王の称号としては,ホルス名,ネブティ名,太陽の子名,上下エジプトの王名,黄金のホルス名があり,ファラオは上エジプトの白冠,下エジプトの赤冠,両者を組合せた二重王冠,青冠,ネメスという独特のかぶりものをつけ,手には上下エジプトを象徴する王笏を持った。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ファラオ(Pharaoh)
《大きな家、または太陽の意》古代エジプト王の称号。パロ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ファラオ【Pharaoh】
古代エジプトの国王の呼称。旧約聖書ではパロpar‘ōh。語源は古代エジプト語ペル・アアper‐aa(大いなる家=王宮)。第18王朝(前1552‐前1306)以降,建物だけでなく王個人をも指すようになり,これがヘブライ語,ギリシア語pharaōを経てヨーロッパ諸語に伝わり,現在では古王国・中王国時代の国王に対しても用いられる。〈神なる王(神王)〉として天の神ホルスの化身,太陽神ラーの子とされ,この神性をよりどころに,神々と人間社会とを結ぶ存在として人間社会を含む全宇宙の調和ある統合(秩序)を保持する任務を課せられ,政治,経済,社会,文化,宗教のすべてを自らの手で動かすことをたてまえとする,高度に組織化された中央集権国家に君臨した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ファラオ【Pharaoh】
〔大きな家の意〕
古代エジプト王の称号。旧約聖書ではパロ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ファラオ
ふぁらお
pharaoh
古代エジプトの王のこと。古代エジプト語のペルオPer-oに由来するギリシア語。ペルオはもとは大いなる館すなわち王宮をさすことばであったが、第18王朝のトゥトメス3世が王をさすことばとして用いて以来、それが習慣化した。トゥトメス3世以前の王、したがって古王国時代の王も今日ではこの用語でよぶ。王は五つの称号をもっていて、そのなかの個人に関係する二つの称号(即位名、誕生名)はカルトゥシュ(楕円(だえん)形の枠)の中に記された。[酒井傳六]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ファラオ
〘名〙 (Pharaoh 元来は大きな家、または太陽の意のエジプト語) 古代エジプトの王の称号。
※貝桶(1924)〈中勘助〉「このファラオはすこし生臭いのに閉口するが」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ファラオ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ファラオの関連情報

他サービスで検索

「ファラオ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.