Rakuten infoseek

辞書

ファド

デジタル大辞泉

ファド(fad)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ファド(〈ポルトガル〉fado)
ポルトガルの代表的な民謡ギター伴奏で歌われ、哀愁に満ちた旋律が特徴。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ファド【fado】
ポルトガルの首都で港町でもあるリスボンの下町に行われる民衆的な歌謡。その発祥,少なくともこんにちに伝承される形が確立したのは19世紀前半のことと思われる。起源については船乗りの歌,囚人の歌,ある種の民謡から来たもの,ブラジルまたはアフリカからもたらされたものなどさまざまな説がある。音楽学的・歴史的に見て確率が高そうなのは,1800年前後にポルトガルあるいはブラジルでさかんに歌われた都会風で感傷的な歌謡モディーニャmodinhaと,軽快な踊り歌のルンドゥーlundúがこのジャンルの形成にあずかっていることである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ファド【fado】
〔宿命の意〕
ポルトガルの大衆歌謡。一九世紀前半にリスボンで歌いはじめられた、細かい節回しに特徴のある歌謡。哀切で抒情的な歌が多い。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ファド
ふぁど
fado
ポルトガルの大衆歌謡。語源は運命、宿命を意味するラテン語fatumにあるといわれている。起源には諸説があるが、一説にはリスボンで流行した叙情的歌謡モディーニャとブラジルで発達した黒人舞曲ルンドンが融合し、19世紀中ごろリスボンで成立したとされる。通常、独唱で歌われ(女性歌手が多い)、鼻母音を生かした発声で、哀愁に富んだ旋律を微妙に小節(こぶし)をきかしてデリケートに表現するところに特色がある。歌の内容は、恋愛や望郷の念など、人生の機微や生活感情に即したものが多い。伴奏はポルトガル・ギター(円形胴、六複弦の弦楽器)が高い甘美な音色で歌手の旋律を装飾し、ビオラ(四、五弦のギター)が低音部でリズムを刻み、ハーモニーを奏する。太鼓が使用されることもある。港町リスボンのカフェーなどで歌われる哀愁に満ちた「リスボンのファド」と、文教都市コインブラで大学生が歌う甘美で叙情的な「コインブラのファド」の二つの様式がある。第二次世界大戦後、名歌手アマリア・ロドリゲスによって広く世界に知られるに至った。[田井竜一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ファド
〘名〙 (fado) 一九世紀中ごろ、ポルトガルの首都リスボンの下町から生まれた民謡や舞踊。ギターや大型マンドリンを伴奏とする、女声の独唱が多く、アラブ音楽の影響も強い。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ファド」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ファドの関連情報

他サービスで検索

「ファド」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.