Rakuten infoseek

辞書

ファウスト

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ファウスト
Faust
ドイツの詩人,小説家,劇作家ゲーテの詩劇。第1部 1808年,第2部 32年刊。 24歳の頃にファウスト伝説に触発されて筆を起した『初稿ファウスト』 Urfaust (1775) から約 60年にわたって書き進められた畢生大作。無限の探究精神をもったファウストは,あらゆる学問にも満足せず,悪魔メフィストフェレスと契約を結び,宇宙の神秘を探り人生を味わいつくして,「ある瞬間に向って,とどまれ,お前はいかにも美しい」と言いうるなら,魂を引替えにしてもよいとした。第1部は純真な乙女グレートヒェンとの恋と赤子殺しの罪による彼女の刑死をもって終る。第2部では大世界に乗出したファウストがさまざまな苦難を経て現世的な国家経営に満足を得て魂の救済も得る。ゲーテの思想文学が混然と集約された代表作で,世界文学史上の傑作

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ファウスト(Faust)
15世紀末から16世紀にかけて、ドイツに実在したという錬金術師ファウストの事跡をもとに形成された民間伝説の主人公。博学で、悪魔との契約で魔力を得、享楽と冒険の遍歴生活を送るが、神に背いた罰で破滅する。
ゲーテ戯曲。二部からなる。第一部は1808年、第二部は32年刊。の伝説に取材。ファウスト博士が、悪魔メフィストフェレスと魂を賭(か)けた契約をし、世界を遍歴する物語。第一部ではグレートヘンとの悲恋、第二部では理想の国家建設への努力と、純粋な愛によって救われた魂の昇天が語られる。
グノー作曲のオペラ。全5幕。1859年パリで初演に基づく。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

ファウスト
2011年製作のロシア映画。監督:アレクサンドル・ソクーロフ。第68回ヴェネチア国際映画祭金獅子賞受賞。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ファウスト
フランスの作曲家シャルル・グノーのフランス語による全5幕のオペラ(1859)。原題《Faust》。ゲーテの同名の戯曲に基づく。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ファウスト【Faust】
16世紀初頭のドイツに出現し,やがて伝説上の主人公となった魔術師。伝説の上では,ヨハネス(ヨハン)・ファウストJohannes Faustとして登場するが,実在のファウストのほうの名は,ゲオルクだったといわれる。ゲオルク・ファウストGeorg Faustは,1480年ころに生まれ,ハイデルベルクなどで神学を学び,各地を遍歴,ルネサンス期の自然哲学の知識を身につけ,人文主義者と交わった。彼の人物像は,すでに生前からさまざまな魔術師の伝説と混同されており,さらに彼の突然の死(1536‐40年ころ)が,悪魔が彼の生命を奪ったとする伝説に拍車をかけることとなった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ファウスト【Faust】
○一五、六世紀頃ドイツに実在したとされる伝説的な魔術師。通俗本や人形劇として後世に伝えられ、イギリスのマーロー初め、ドイツのレッシング・ゲーテ・トーマス=マンなどがこれに取材した作品を書いた。
ゲーテの長編詩劇。二部よりなる。1808~32年刊。の伝説に取材。第一部で、ファウストは悪魔メフィストフェレスと契約を結んで享楽におぼれ、少女グレートヘンを悲劇的な死に追いやる。第二部で、その罪をあがなうために社会奉仕の人となり、ついに救われて昇天する。
フランスの作曲家グノーのオペラ。五幕。1859年初演。に基づく。「宝石の歌」「兵士の合唱」などが有名。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ファウスト
[一] (Faust) 一六世紀ドイツの伝説中の人物。一五世紀末から一六世紀にかけて実在した錬金術師ゲオルク=ファウストに、種々の魔術伝説が結びついて形成された人物で、悪魔と契約を結び、その魔力によって、豪奢と快楽を手に入れるが、契約期限が切れると悲惨な最期をとげたといわれる。「ファウスト博士物語」として一六世紀末に集成され、イギリスの劇作家マーローの「フォースタス博士の悲劇」で初めて文学に登場した。後にゲーテ、トーマス=マン、バレリーらの文学作品やグノー、ベルリオーズ、リストらの音楽作品の素材となった。
[二] (原題Faust) 戯曲。ゲーテ作。二部から成り、第一部は一八〇八年刊、第二部は一八三二年刊。ファウスト伝説に取材。究理に絶望した学者ファウストが悪魔メフィストフェレスと賭けをし、欲望と快楽を知り、やがて罪におちるが、少女グレートヘンへの天上の愛によって救われるまでを描く。作者の代表作で、ドイツ近代文学最大の作品とされる。
[三] (原題Faust) 歌劇。グノー作曲。五幕。一八五九年パリで初演。(二)に基づき、バルビエとカレが台本を合作。マルガレーテの「糸紡ぎの歌」や「兵士の合唱」がよく知られている。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

ファウスト
Faust
近世ドイツのファウスト伝説を素材にしたゲーテの戯曲
1801(第1部)・31(第2部)年刊。2部からなる。ファウスト博士が悪魔メフィストフェレスの誘惑によって魂の遍歴をする物語。世界文学の傑作とされる。レッシング・グノーらもこの題材を扱った。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ファウスト」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ファウストの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.