Rakuten infoseek

辞書

ピール銀行条例【ピールぎんこうじょうれい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ピール銀行条例
ピールぎんこうじょうれい
Peel's Bank Act
1844年に成立したイギリスの中央銀行制度。イングランド銀行条例の別称で,ピール条令とも呼ばれる。首相 R.ピールのもとで制定されたため上記の名称で呼ばれる。この法律によってイングランド銀行は中央発券銀行としての地位を確立したが,同時に発券部と銀行部に2分割され,銀行券の発行は 1400万ポンドの一部保証発行を除き全額正貨準備金を要する (保証準備発行直接制限制度) ,発券銀行の新設は許さないという通貨主義の立場が採用された。 1928年にこの法律は廃止されたが,長らく世界各国の中央銀行成立の際の典拠となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ピール銀行条例」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ピール銀行条例の関連情報

関連キーワード

バンディエラ兄弟曲芸ペテーフィマルクス経済学ドワルスジュウェットデ=フォレストアーウィンサルダホール

他サービスで検索

「ピール銀行条例」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.