Rakuten infoseek

辞書

ピンホール・カメラ【ぴんほーるかめら】

日本大百科全書(ニッポニカ)

ピンホール・カメラ
ぴんほーるかめら
pinhole camera
針穴写真機。光が小さな穴を通過して何かの物体に当たると、その物体の表面で倒立像を結ぶ現象を利用して、その像を見る装置をいい、現在のカメラの原型をなすもの。小さな穴による結像の現象は古代ギリシアのアリストテレスが言及しており、10世紀にはアラビアの科学者がこれを利用して太陽の黒点を観測したという。またルネサンス期には、レオナルド・ダ・ビンチがこの現象をヒントに肉眼の構造を解明しており、16世紀末にはナポリの科学者ジョバンニ・バッティスタ・デラ・ポルタが、この方法を利用して正確なデッサンを得る方法について記述している。このピンホール現象を利用した装置は、暗い部屋に差し込む光の結像現象が象徴的であるところから、ラテン語で「暗い部屋」を意味するカメラ・オブスキュラとよばれ、穴のかわりに凸レンズが用いられて、17世紀から19世紀にかけての写真術発明時まで、実際に画家のスケッチ用具として使用された。[平木 収]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ピンホール・カメラ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ピンホール・カメラの関連情報

他サービスで検索

「ピンホール・カメラ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.