Rakuten infoseek

辞書

ピナケス【ぴなけす】

図書館情報学用語辞典

ピナケス
アレクサンドリア図書館の管理に携わったカリマコス(Callimachus 前305?-前240?)の編纂による文献目録(全120巻).現存はせず,断片や引用が伝わる.写本を詩文書(叙事篇,悲歌調篇,短歌調篇,歌謡調篇,悲劇篇,喜劇篇)と散文書(法律篇,哲学篇,修辞学篇,史学篇,医学篇,雑篇)に篇別したといわれるが,異説もある.各区分のもとで著者をアルファベット順に排列している.書名,著者名,冒頭の数行を記した一種の検索目録であり,著作解説,著者紹介を付した解題書誌の性格も有している.ピナケスという語は,板ないし板状のものを意味する語の複数形で,そこから蔵書目録などの意に転化した.

出典:図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ピナケス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ピナケスの関連情報

他サービスで検索

「ピナケス」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.