Rakuten infoseek

辞書

ピサ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ピサ
Pisa
イタリア中西部,トスカナ州ピサ県の県都。フィレンツェの西約 80km,リグリア海に注ぐアルノ川の河口から約 10kmさかのぼったところに位置する。前3世紀頃ローマの軍港として建設され,11世紀には最も貿易活動が活発な商業港として,ジェノバベネチアと並び称された。町は第1回の十字軍に加わり,艦隊はその後も各地で活躍したが,12~13世紀を繁栄の頂点に,以後しだいに衰微した。市街は中世の城壁によって囲まれる。冶金,繊維,ガラス,大理石加工の諸工業が盛ん。有名なピサの斜塔は 1173~1350年の建設で,294段の階段をもち,高さは約 56m。地盤がやわらかく,基礎工事が不完全だったことから傾斜が起こった。斜塔が付属しているピサ大聖堂は 1063年着工,白と黒の大理石でできており,ほかにピサ・ロマネスク様式の洗礼堂がある大聖堂広場は,1987年世界遺産文化遺産に登録。12世紀建設でカンポ・サントと呼ばれる墳墓,1343年創立のピサ大学なども知られる。ガリレオ・ガリレイの生地。人口 8万7737(2006推計)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ピサ(Pisa)
イタリア北西部の都市。アルノ川下流にあり、農業や羊毛工業が盛ん。ピサの斜塔があるドゥオモ広場は、1987年、世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

ピサ
ビルケンシュトックが販売するサンダル

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ピサ【Pisa】
イタリア中部,トスカナ州の都市。人口9万6763(1994)。ティレニア海に流れ込むアルノ川の河口から約10kmの両岸に発達し,中世からの伝統のある商業都市。現在はガラス,金属,機械製造も盛ん。大聖堂(ピサ大聖堂),洗礼堂,鐘楼(ピサの斜塔)は町の重要な観光資源になっている。 ローマ帝政期,すでに重要な軍事基地の役割を担っていたピサは,造船で知られ,交易地でもあった。11世紀の初めイスラム勢力を追い払って西地中海へ進出し,コムーネが成立した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ピサ【Pisa】
イタリア中部、アルノ川河口近くにある都市。中世、東方貿易で繁栄。有名な斜塔がある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ピサ
ぴさ
Pisa
イタリア中部、トスカナ州ピサ県の県都。人口8万5379(2001国勢調査速報値)。アルノ川の河口から13キロメートル上流に位置し、鉄道・道路交通の要衝である。かつては沼が多く、しばしばアルノ川の氾濫(はんらん)にみまわれてきたが、幾世紀にも及ぶ干拓事業によって豊かな農業地帯にかえられた。また工業に関しても、伝統的な羊毛工業、ガラス・陶器の製造に加えて、機械、化学、薬品、食品の諸工業が立地するようになった。ピサの名を世界的に有名にしているのは、ピサ大聖堂に付属する高さ約55メートルの鐘塔、いわゆる「ピサの斜塔」(1173~1350)である。その傾斜防止は、ベネチアの地盤沈下防止とともにイタリアの国家的課題となっていた。1990年、一般公開には危険な角度にまで傾斜したことにより閉鎖。以後11年にわたり修復作業が行われ、2001年工事が終了した。1343年創設の大学と、1813年ナポレオンによって設立されたスクォーラ・ノルマーレ・スペリオーレ(高等師範学校)がある。[堺 憲一]

歴史

歴史は紀元前1世紀にさかのぼるが、ローマ時代の遺跡はほとんどない。紀元後9、10世紀から海上勢力として発展し、11世紀にはジェノバとともに西地中海のイスラム海軍を圧倒した。トスカナ地方の港として商業的に繁栄し、自治都市として発展した。13世紀末にはライバルであるジェノバに敗れ、コルシカやサルデーニャの支配権を失った。1406年にフィレンツェに征服された。文化的中心としてなお重要性を維持したが(ピサ大学)、経済的にはメディチ家が力を入れた港リボルノの興隆の前に衰退していった。[清水廣一郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ピサ
(Pisa) イタリア北西部、トスカーナ地方の都市。アルノ川の河口近くにある。一一~一三世紀にはジェノバ・ベネチアに対抗する共和国として繁栄。有名なピサの斜塔がある。ガリレイの生地。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ピサ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ピサの関連情報

他サービスで検索

「ピサ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.