Rakuten infoseek

辞書

ピサの斜塔【ピサノシャトウ】

デジタル大辞泉

ピサ‐の‐しゃとう〔‐シヤタフ〕【ピサの斜塔】
イタリアのピサにある大聖堂鐘塔。8層の円塔で、高さ約55メートル。1173年起工し、10.5メートルまで建てたとき地盤陥没で傾斜したが、そのまま建て増し、1350年ごろ完成。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界遺産情報

ピサの斜塔
ピサの斜塔は、1173年、ボナンノ・ピサーノによってドゥオモ鐘楼として着工されました。しかし地盤沈下のため、完成したのは14世紀後半。塔の中心軸を調整しながらの建築となりました。今なお傾き続けている斜塔は、円筒形の8階建てで、階段は296段(294段という説も)あり、高さは約55m、建物全体の総重量は、14,453tと推定されており、南に約70cmほど傾いています。16世紀に、ガリレオ・ガリレイによる落下の実験が行われたという伝説も残っていますが、真実は明らかになっていません。

出典:KNT近畿日本ツーリスト(株)

世界大百科事典 第2版

ぴさのしゃとう【ピサの斜塔】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ピサのしゃとう【ピサの斜塔】
イタリアのピサにあるピサ大聖堂の鐘塔。大理石の八層の塔で、建築中に地盤が沈下して傾斜したがそのまま工事が続けられ1350年完成。高さ約55メートル。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典

ピサのしゃとう【ピサの斜塔】
イタリア中部のトスカーナ地方の都市ピサ(Pisa)にある、世界的に有名なピサロマネスク様式の大理石の鐘楼。世界遺産(ピサのドゥオーモ広場)に登録されている。1173年にドゥオーモ(大聖堂)の鐘楼(しょうろう)として着工し、200年後の1372年に完成した。高さ55m、297段の階段がある。垂直の塔として設計されたが、建設途上の13世紀に地盤が沈下して傾いていることが発覚した。傾斜を修正しようとしたができず、最上階部分だけが垂直になっている。この沈下はその後も大きな問題となっていて、1990年にも傾斜を修正する工事が行われている。ピサ大学の教授だったガリレオ・ガリレイ(Galileo Galilei、1564~1642年)は、落体の法則を証明する実験で、この塔の頂上から大小2個の球を落下させ、同時に地上に到達することを示したといわれる(ただし、このエピソードは弟子ヴィヴィアーニの創作だともいわれている)。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ピサの斜塔
ぴさのしゃとう

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ピサ の 斜塔(しゃとう)
イタリアのピサ大聖堂の鐘塔。一一七三年から一三五〇年にかけて建造。直径一七メートル、八層の円塔で高さ約五五メートル。工事中から地盤沈下のために傾斜し、世界七不思議の一つにあげられている。ガリレイが落体による重力の実験を行なったことでも有名。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ピサの斜塔」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ピサの斜塔の関連情報

他サービスで検索

「ピサの斜塔」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.