Rakuten infoseek

辞書

ピエール キヤール

20世紀西洋人名事典

ピエール キヤール
Pierre Quillard


1864 - 1912
フランスの詩人,劇作家
パリ生まれ。
アルメニアと東洋問題の権威者で、詩の分野では高踏派に属し、詩劇では象徴派の影響を強く受ける。詩は「言葉の栄光」(1891年)、「雄々しくも哀れな竪琴」(1897年)が高く評価され、ルコント・ド・リールの影響を受ける。詩劇は1891年芸術座上演の「両手を切りとられた乙女」(1886年)、1896年ウーヴル座上演の「さまよう女」(1896年)があり、また「ピロクテテス」(1896年)、「擬曲」(1901年)等のギリシャ文学の翻訳もある。

出典:日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)
(C) 1995 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ピエール キヤール」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ピエール キヤールの関連情報

関連キーワード

牧野省三元治白瀬矗光の科学史[各個指定]工芸技術部門ワーグナー(Wilhelm Richard Wagner)女医ヤマサキバーブ明治天皇

他サービスで検索

「ピエール キヤール」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.