Rakuten infoseek

辞書

ビーラー・ホラの戦【ビーラーホラのたたかい】

世界大百科事典 第2版

ビーラーホラのたたかい【ビーラー・ホラの戦】
1620年11月にボヘミア王国の首都プラハ西方郊外のビーラー・ホラBílá hora(〈白い山〉の意。ドイツ語でワイセン・ベルクWeissen Berg)の丘で衝突した神聖ローマ皇帝軍とボヘミア貴族・傭兵軍との戦闘。白山の戦とも呼ばれる。三十年戦争(1618‐48)の発端となったボヘミア・ファルツ戦争(1618‐20)時の決戦で戦火が全ヨーロッパ規模に拡大される原因となった。 異端迫害者としてプロテスタントに恐れられていたハプスブルク家のフェルディナント(のちに神聖ローマ皇帝フェルディナント2世)のボヘミア王就任(1617年7月)を否認したボヘミアのプロテスタント派貴族が,1618年5月,国王代理ら3名をプラハ城の窓からに突き落とすという事件を起こした。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ビーラー・ホラの戦」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ビーラー・ホラの戦の関連情報

関連キーワード

十三陵万暦帝プリマス尚寧王ムニョスドゥラード万暦帝尚寧万暦帝万暦帝

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.