Rakuten infoseek

辞書

ビュヒャー

世界大百科事典 第2版

ビュヒャー【Karl Bücher】
1847‐1930
ドイツ後期歴史学派の経済学者。ウィースバーデンに近いキルベルクに生まれる。フランクフルト新聞編集委員を経てミュンヘン,ドルバート,バーゼル,カールスルーエ,ライプチヒの各大学で経済学,統計学,新聞学を講ずる。財貨が生産者から消費者に至る道程の長さを基準に,封鎖的家族経済→都市経済→国民経済という経済発展段階説と工業経営様式の史的展開の図式を唱えた。ライプチヒ大学に新聞研究所を創設した。主著は《国民経済の成立Die Entstehung der Volkswirtschaft》(1893)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ビュヒャー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ビュヒャーの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.