Rakuten infoseek

辞書

ビネガー

デジタル大辞泉

ビネガー(vinegar)
西洋風の。ぶどう酒・りんご酒などからつくられる。「ワインビネガー

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ビネガー【vinegar】
フランス語のvinaigreから変化した英語で,酢の意。vinaigreはvin(ブドウ酒)と,〈すっぱい〉の意のaigreの複合語である。中世のイギリスでは,ブドウ酒から造った酢をビネガー,ホップ抜きのビールから造った酢をエールガーalegarと呼んで区別していた。日本では西欧起源の食酢類をビネガーとか洋酢と呼ぶことが多い。ブドウ酒の代りにリンゴ酒を用いるとシードルビネガー(リンゴ酢)であり,大麦と麦芽で造った前記のエールガーは現在モルトビネガー(麦芽酢)と呼ばれている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ビネガー【vinegar】
林檎りんご酒・ワイン・蒸留アルコールなどで作った西洋酢。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ビネガー
びねがー
vinegar
酢のこと。語源はフランス語のぶどう酒vinと酸っぱいaigreが合成されたもの。酢の原料は国によって特徴があり、日本(米、酒粕(さけかす))、中国(米)、フランス(ぶどう)、アメリカ・イギリス(りんご、アルコール)などがその例である。日本では、洋風の酢に対して商品名にビネガーをつける場合が多い。よく用いられているものにアップルビネガー、ワインビネガーがある。アルコールを用いた酢はホワイトビネガー、モルト(麦芽)を用いたものはモルトビネガーという。[河野友美・山口米子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ビネガー
〘名〙 (vinegar) 大麦麦芽、りんご酒、ぶどう酒、蒸留アルコールなどから作られた西洋酢の称。
※すし通(1930)〈永瀬牙之輔〉二六「ビネガー(西洋酢)〈略〉葡萄酒を原料として作ったものが最上で」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビネガー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ビネガーの関連情報

他サービスで検索

「ビネガー」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.