Rakuten infoseek

辞書

ビット【ビット】

知恵蔵

ビット
情報の量をはかる基本的な単位がビット(binary unit)で、0と1によって区別される情報の量と定義される。n桁の2進数が保有する情報の量はnビットであり、しばしばn桁のレジスターやメモリーの大きさをも意味する。バイト(byte)は1つの文字を表現する情報量で、通常8ビットと解釈されている。2の10乗(1024)バイトのメモリーを1キロバイト(KB:kilobyte)、2の20乗(1048576)バイトのメモリーを1メガバイト(MB:megabyte)などと呼ぶ。
(星野力 筑波大学名誉教授 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

パソコンで困ったときに開く本

ビット
コンピュータのデータの最小単位で、1ビットの中身は「0」「1」のどちらかです。1ビットのデータでは2つのことしか表現できないため、通常は複数のビットを組み合わせて使います。パソコンでは、ビットを8つひと組にして、1バイトとして扱います。これなら、1バイトで256(2の8乗)種類のことを表現できます。
⇨バイト

出典:(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本

デジタル大辞泉

ビット(bit)
《binary digitから》
二進法で用いる数字。0または1の数字。
㋑情報量の最小単位。1ビットは二つの状態を0か1かで表現する情報の一組で、通常これを8桁並べた1バイトが単位として用いられる。→バイト
鑿岩機(さくがんき)ボーリング機械の先端に取り付ける刃。
轡(くつわ)の、特に馬銜(はみ)の部分。
係船柱

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カメラマン写真用語辞典

ビット
bit」のページをご覧ください

出典:カメラマンWeb
解説は執筆時の情報に基づいており、現時点で最新の内容であることを保証するものではありません。

ホームページ制作用語集

ビット
2進数の「0」と「1」で表現されるコンピュータが扱う情報の最小単位。ビットの組み合わせで文字や数字は表現される。

出典:(株)ネットプロ
Copyright© 2010 NETPRO Co., Ltd. All Rights Reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

ビット
株式会社ブルボンが販売するチョコレートの商品名。食べきりやすいサイズのチョコレートが個包装されている。「ミルク」「ストロベリー」「アーモンド」「クランチ」などがある。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典

ビット【bit】
コンピューターで扱われる情報量またはデータの最小単位。2進数の1桁、0と1に対応し、二者択一に必要な最小の情報量となる。多くのコンピューターでは8ビットをひとつの単位として「バイト」と表現する。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ビット【bit】
情報量の単位。十進数の1けたは0~9のいずれかの数字で表されるが,0あるいは1のいずれかの数字で表される二進数の1けたをビットと呼ぶ。二進けたを意味するバイナリーディジットbinary digitの略である。 nけたの二進数があると2nの情報を表すことができる。8けたの二進数はバイトbyteと呼ばれ,256種の情報を表せるが,これは数字,英大文字,英小文字,カナ文字など通常の字種を表現するのに十分な単位であり,コンピューターにおける情報の単位としてもっとも一般的である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ビット【bit】
鉱山用語。岩石をさく(鑿)孔するために用いられる刃物。削岩機用には,くさび形の超硬合金チップ1枚だけを刃先にした一文字ビット,超硬合金チップを十文字状に埋め込んだ十文字ビット,円柱形の超硬合金チップを十数個植え込んだボタンチップビットなどがあり,回転さく孔用には,工業用ダイヤモンドを多数埋め込んだダイヤモンドビット,直方体の超硬合金チップを埋め込んだドラッグビット,円錐形の回転式ビットを3個組み合わせたスリーコーンビットなどがある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ビット【bit】
〔binary digit の略〕
二進法で用いられる数字の 0 または 1 。
情報量を示す単位。真・偽を表現するための最小の単位。 → バイト

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビット【bit】
〖binary digit〗
ビット

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ビット
bit
削岩 (さくがん) 機のロッド,ロータリー掘り機械の掘り管の先端に装着し,直接岩石を破砕する部分。掘削は前者ではおもに打撃,後者では切削によるので,チップ (刃先) の形状材質に差があり,岩石の質による選択もある。以前はロッド先端を直接成形熱処理硬化した一体ビットであったが,20世紀初めねじまたはテーパで着脱するデタッチャブルビットが発明され,いまは後者が多い。削岩機,鑿井機械では,軟質岩には工具鋼製,硬質岩には超硬合金製がおもに使われる。特に硬質な岩の切削にはダイヤモンドビットを使うことがある。形状は刃の配置により一文字型,十文字型,多弁のローズ型,ボタンチップ型などがあり,給水も中央孔から出るもの,刃の間から出るものがある。岩石コアを完全に採取するための試錐用 (→試錐探鉱 ) には,円筒形鋼台にダイヤモンド粒を多数植込んだ特殊な形のダイヤモンドビットを用いる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビット
bit
情報理論における情報の基本単位。等しい確率で生じる1か0の2値を区別するために必要な情報量をいう。コンピュータでは確率の概念なしに二進数表示の1桁を1ビットと呼んでいる。 bitは二進数字を意味する binary digitの略である。0,1の bitが8桁で1バイトを構成し,コンピュータ内での文字の単位をなしている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビット
Witt, Katarina
[生]1965.12.3. ドイツ民主共和国,カルルマルクスシュタット
ドイツのフィギュアスケート選手。カリスマ性があり,蠱惑的かつ優雅な演技で 1980年代の女子フィギュアスケート界に君臨した。5歳でスケートを始め,すぐにドイツ民主共和国(東ドイツ)国内で注目される存在となり,国家のスポーツ選手特別養成機関で教育された。世界屈指の名コーチ,ユッタ・ミュラーの指導を受け,1981年東ドイツ選手権大会で初優勝,以後 7年にわたって国内チャンピオンの地位を守った。世界選手権大会での優勝経験がなかったが,1984年サラエボ・オリンピック冬季競技大会のフィギュアスケート女子シングルに出場,得意のフリースケーティングでアメリカ合衆国のロザリン・サムナーズを 0.1ポイント差でくだし,金メダルを獲得した。1988年カルガリー・オリンピック冬季競技大会では,過去 5年間で唯一敗北を喫したアメリカのデビ・トーマスと対決。フリーで,ともにジョルジュ・ビゼーのオペラ『カルメン』の曲で競い,官能的な優雅さと演劇的な要素を取り入れてカルメンを演じ,金メダルに輝いた。オリンピック冬季競技大会のフィギュアスケート女子シングル 2連覇を達成した選手は,1936年のソニア・ヘニーに次いで 2人目。ほかに,世界選手権大会で 1984,1985,1987,1988年の 4度,ヨーロッパ選手権大会で 1983~88年に 6度優勝。1988年,世界選手権大会後にプロに転向した。1990年にテレビの特別番組『氷上のカルメン』に主演し,エミー賞を受賞。アマチュア規程が変更され,1994年リレハンメル・オリンピック冬季競技大会で復帰を果たしたが 7位に終わった。その後プロとして活躍した。(→アイススケート

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ビット
びっと
bit
binary digitの略。二進数1桁(けた)のこと。1ビットで0と1の二つの状態を表すことができる。コンピュータでは、情報の長さとか、レジスターや記憶単位の長さを表すときにビットを基本に用いる。多くのコンピュータでは8ビットを一つの単位として文字コードなどを表す。これをバイトbyteという。数値データは32ないし64ビットを単位として扱う。これをワード(語)という。語のなかで符号を表すビットを符号ビット、上位のビットを上位ビット、下位のビットを下位ビットなどという。[小野勝章]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビット」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ビットの関連情報

他サービスで検索

「ビット」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.