Rakuten infoseek

辞書

ビスマルク

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ビスマルク
Bismarck-Schönhausen, Otto Eduard Leopold, Fürst von
[生]1815.4.1. シェーンハウゼン
[没]1898.7.30. フリードリヒスルー
ドイツの政治家。ドイツ第二帝国の建設者。ユンカーの出身。ゲッティンゲン大学,ベルリン大学で法律を学んだのち,1836年プロシアの官僚となり,47年プロシア連合州議会の議員となり,絶対主義と反動の扇動的代弁者として活躍。 48年の三月革命に対抗。その後フランクフルト連邦議会のプロシア代表,ロシア大使,フランス大使を歴任後,62年9月プロシア首相となった。軍拡問題で議会と衝突したが,「ドイツ問題は鉄と血によって解決される」という有名な鉄血演説を行なって議会を押えた。 66年プロシア=オーストリア戦争に勝ってオーストリアの勢力をドイツから排除,70~71年の普仏戦争勝利によってドイツの統一を完成し,71年3月ドイツ帝国初代宰相となり,侯爵となった。その後,特に外交に手腕を発揮して 19世紀末のヨーロッパ外交をあやつった。内政においては通貨の統一,中央銀行の創立,統一民・商法典の制定,高等裁判所の設立など抜本的改革を行なって,中世的遺制を一掃。 72年末政敵カトリック教徒の中央党を押えるため,教育の国家管理をめぐって文化闘争を引起したが,社会主義勢力の台頭をみていわゆる「飴と鞭政策をとり,社会主義者鎮圧法を制定する一方,社会保障制度などの社会政策を推進した。経済面では保護関税政策をとってドイツ工業の育成に努めた。自己の権力を保持し,政策を推進するためには内政,外交において危機感をあおる策略をしばしば用い,巧みに政治的危機を乗越えたが,新たに帝位についたウィルヘルム2世とは社会主義者鎮圧法の更新をめぐって衝突,90年3月宰相を辞任した。その後は皇帝の批判と主著『回想録』 Gedanken und Erinnerungen (3巻,1898~1919) の執筆に専念したが,この著は,歴史的には疑わしい記述を含んでいるものの,文学的にはすぐれ,ビスマルクをドイツ一流の著述家の列に加えている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ビスマルク(Otto Eduard Leopold Fürst von Bismarck)
[1815~1898]ドイツの政治家。プロイセン首相として軍備増強を強行普墺(ふおう)普仏(ふふつ)両戦争を勝利に導き、1871年、ドイツ統一を達成、帝国初代宰相となる。保護関税政策をとって産業を育成し、社会主義運動を弾圧する一方で社会政策を推進。対外的にはヨーロッパ外交の主導権を握り、フランスの孤立化に努めた。1890年、皇帝ウィルヘルム2世と衝突して辞任。鉄血宰相

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

ビスマルク
日本のテレビアニメ『星銃士ビスマルク』(1984-1985)に登場する宇宙戦闘母艦。全高50メートル。操縦者は(ひかり)進児。バトロード・フォーメーションで人型ロボットに変形する。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビスマルク
《Bismarck》ドイツ海軍の戦艦。ビスマルク級のネームシップ。1939年進水、1940年就役の超弩級戦艦。艦名は、鉄血宰相と呼ばれたオットー・フォン・ビスマルクに由来する。排水量4万2000トン、全長251メートルで、当時の欧州最大の戦艦。1941年、通商破壊作戦(ライン演習作戦)に参加。イギリスの巡洋戦艦フッドを撃沈、戦艦プリンス・オブ・ウェールズを損傷させる戦果を挙げたが、その後、イギリス海軍の執拗な追撃にあい、ブレスト西方沖で戦没した。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ビスマルク【Otto Eduard Leopold Fürst von Bismarck】
1815‐98
ドイツの政治家。プロイセンのユンカーの出身。ゲッティンゲン,ベルリン大学に学び,プロイセンの官吏をへて,プロイセン連合州議会議員として政治活動に入る。1848年の三月革命期には極端な保守・反革命主義者として登場したが,その後,ドイツ連邦のプロイセン公使,ロシア大使,フランス大使などを歴任するなかで,プロイセン国家の拡大・強化のためにオーストリアとの対決とドイツ統一問題の利用について認識を深めた。62年プロイセン首相となり,いわゆる〈鉄血政策〉にもとづき普墺戦争(1866)に勝利するとともに,国内紛争(プロイセン憲法紛争)を収拾し,さらに71年,普仏戦争に勝利してドイツ統一を完成し,ドイツ帝国初代の宰相(1871‐90)となった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ビスマルク【Otto von Bismarck】
1815~1898 ドイツの政治家。ユンカー出身。1862年プロイセン首相就任。軍備拡張を強行し、普墺ふおう・普仏戦争に勝利を得、71年ドイツを統一し宰相となる。同盟外交を展開、ヨーロッパの平和維持とフランスの孤立化を図り、内政では保護関税政策により国内産業を育成。社会主義を弾圧する一方、社会保険制度を採り入れ「飴あめと鞭むち」政策を遂行。鉄血宰相。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ビスマルク
びすまるく
Otto Eduard Leopold Frst von Bismarck
(1815―1898)
ドイツの政治家。ドイツの政治的統一、帝国建設に功績があった。[木谷 勤]

保守政治家

プロイセンのユンカーの旧家に4月1日生まれる。ベルリン大学、ゲッティンゲン大学で法律を学び、プロイセンの官吏(1836~1839)になるが、まもなく辞任、故郷に帰り、領地経営に専念。1847年連合州議会議員となる。この時期は視野の狭い保守政治家で、ドイツの統一や政治改革など自由主義者の要求にいっさい耳を傾けなかった。1848年、三月革命が起こるとベルリンに出、保守派の『十字架新聞』を発行して、王制の擁護に努めた。その活躍が認められ、1851年からフランクフルト連邦議会でのプロイセン代表、1859年駐ロシア大使、1862年駐フランス大使を歴任。この間、ヨーロッパ情勢に目を開くとともに、オーストリアを排除し、プロイセンを中心とするドイツ統一の必要を信ずるようになった。[木谷 勤]

鉄血宰相

1862年9月、国王ウィルヘルム1世によりプロイセン首相に任命された。当時のプロイセンは、王権と政府が軍制改革をめぐり議会多数派と対立、窮地に陥っていた。ビスマルクは「鉄血政策」とよばれる強行策で議会と対決、軍備増強を実施した。進歩党に代表される有産市民が一見急進的な言辞を弄(ろう)しながら、二度と革命を起こす気のないことを見抜いていた。そして対デンマーク戦争(1864)、プロイセン・オーストリア戦争(1866)、プロイセン・フランス戦争(1870~1871)といった一連の戦勝の実績で国内の反対派を圧倒した。これらの戦争を通じて1871年ドイツ帝国を建設、プロイセンを中心とするドイツ統一事業を完成したが、それはドイツの市民階級が長年待ち望んでいたものであった。
 この過程はまたドイツ産業革命の完成と一致した。経済政策では自由主義を貫き、営業の自由や保護関税の廃止を進め、また鉄道、銀行、郵便など国民経済の発展に必要な制度を整備した。ドイツの資本主義はこれにより飛躍的な成長を遂げた。それゆえ、ビスマルクのドイツ統一事業は、その政治的目的がたとえ反革命であっても、旧支配層の代表が新興市民階級の要求を一部先取り実現することによって、結果的に封建社会から市民社会への移行を促進した「上からの革命」であったといえよう。このような成立の事情を反映して、ドイツ帝国の政治の仕組みはきわめて複雑で、強力な王権と弱体ながら普通選挙に基づく帝国議会が共存し、君主大権と人民主権、連邦主義と中央集権といった相反する原則が拮抗(きっこう)していた。そして全制度の中心に位置したのが帝国宰相としてのビスマルクで、憲法上は皇帝の任命する一大臣にすぎなかったが、現実にはすべての権限を一手に集めた独裁者であった。
 1870年代なかばまで、帝国議会の多数派、国民自由党を与党にして、自由主義路線を歩んだ。しかしその後、経済不況が深刻になるにつれ、ユンカーと重工業資本家が保護関税を求めるようになり、また社会民主党の急成長は支配層の間に不安を引き起こした。1878年社会主義者鎮圧法を制定して労働運動の弾圧に乗り出し、翌1879年には鉄と穀物を中心に保護関税を導入した。これは国内政策全般の保守主義への転換を意味した。[木谷 勤]

外交

一方、この時期いちばん目覚ましい成果を収めたのは外交の分野であった。対独復讐(ふくしゅう)を叫ぶフランスを孤立させ、ヨーロッパの現状を守ろうとする外交は、ドイツ・オーストリア・イタリアの三国同盟(1882)、ロシアとの二重保障条約(1886)、イギリスも加わる地中海協定(1886)を通じて完成し、ヨーロッパ外交の手綱はビスマルク一人の手に握られたかのようであった。しかし1880年代末、ルールの炭坑ストや社会政策の問題をめぐり、若い皇帝ウィルヘルム2世と対立、1890年3月辞任した。その背景には、国力を充実させたドイツが、ビスマルクの現状維持政策を乗り越え、世界政策に進もうとする新しい気運があった。
 なお、引退後もウィルヘルム2世の内外政策に対する批判を続け、さまざまな政治的波紋を投げかけたが、1894年に両者は和解した。[木谷 勤]
『木谷勤著『ドイツ第二帝制史研究』(1977・青木書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ビスマルク
(Otto Eduard Leopold Fürst von Bismarck オットー=エドゥアルト=レオポルト=フュルスト=フォン━) ドイツの政治家。ドイツ帝国(第二帝国)初代宰相。ユンカー出身。駐露・駐仏大使を経て、一八六二年プロイセン首相。鉄血政策を強行し、普墺・普仏戦争に勝ち、七一年ドイツ統一を完成、帝国初代宰相となる。外ではヨーロッパ外交の主導権を握り、内では社会主義運動を弾圧して、産業資本主義を育成。九〇年、ウィルヘルム二世の即位後辞職。(一八一五‐九八

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

ビスマルク
Otto Fürst von Bismarck(Schönhausen)
1815〜98
ドイツ統一を推進した政治家
プロイセンのユンカー出身。初期の政治生活では保守的正統主義の立場であったが,外交官となってから視野を広げ,1862年プロイセン首相となった。プロイセンを中心に鉄血政策でドイツ統一を推進,議会の反対を押し切って軍備を拡張し,「鉄血宰相」と呼ばれた。1864年デンマークを破り,66年普墺 (ふおう) 戦争に圧勝して北ドイツ連邦を組織してオーストリアをしめ出した。1870〜71年の普仏 (ふふつ) 戦争にも勝って,南ドイツ諸国を加えてドイツ帝国を建設し,ヴィルヘルム1世の下で初代首相となった。二院制の議会を設置したが,首相は皇帝にのみ責任を負うという形式的な立憲主義であり,政治の実権を握った。国内的にはカトリック教徒を抑えるため文化闘争を展開したが,激しい抵抗と社会主義勢力の進出により譲歩した。また,社会主義運動の弾圧のために社会主義者鎮圧法を制定したが成果はあがらなかったため,社会保険制度の整備など,社会政策を実施した。ドイツ統一以後はヨーロッパの平和維持とドイツの国力充実につとめ,ビスマルク体制と呼ばれる同盟外交を推進して,フランスの報復を断念させた。また,1877〜78年の露土戦争後,「誠実な仲買人」と称してベルリン会議を主催し,ロシアの南進を抑えるなど,バルカンの現状維持をはかった。保護関税政策によって重工業を急速に発展させ,アフリカでの植民地獲得にも活躍したが,ヴィルヘルム2世と衝突して1890年に辞職した。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビスマルク」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ビスマルクの関連情報

関連キーワード

グリム(兄弟)ラ・ファリーナオブレノビチ家ミロシュ・オブレノビチ国家連合ウィーン会議ルイ[18世]オイレンブルクシュタインハルデス

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.