Rakuten infoseek

辞書

ビクトリア時代【ビクトリアじだい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ビクトリア時代
ビクトリアじだい
Victorian Age
ビクトリア朝とも呼ばれる。イギリス史上におけるビクトリア女王の治世 (1837~1901) 。イギリスが世界で優位を保ち,国内では自由主義が発達した時代。政治では自由党保守党による政党政治が行われ,議会改革が進められて (1867,84) ,政治の民主化をみた。経済ではイギリスは「世界の工場」として繁栄。自由貿易主義をとり,穀物法を廃止,英仏通商条約などを締結。しかし 1870年代からは大不況に見舞われ,社会面では労働組合が発展,公認される一方,初等教育法 (71) により国民教育が普及した。対外的にはアジア,アフリカにその勢力を広げると同時に,カナダなど白人植民地には自治を承認。強力な海軍力とヨーロッパ列強の勢力均衡背景に,パックス・ブリタニカと呼ばれる平和を享受した。イギリスにとって繁栄と栄光の時代であったが,アイルランド問題では W.グラッドストンが議会に提出した自治法案が否決され,問題を後世に残した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ビクトリアじだい【ビクトリア時代 Victorian Age】
字義どおりには,1837年から1901年に至るイギリスのビクトリア女王の治世をいう。だが通常は,その治世の中でも,とくにイギリスが世界経済の覇者となった1840~70年代のこの国の〈黄金時代〉を含意し,しかもこの時期の生活,文化とのかかわりで用いられる。この時期のイギリス社会に顕著な一特色は,工業化と都市化が進み,それを背景に中流階級が勢力を増大させ,経済と政治の重要な担い手になったことであった。それゆえビクトリアニズムVictorianismといわれるこの繁栄期の文化にも,彼らの生活哲学が色濃く投影されている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ビクトリア時代」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ビクトリア時代の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.