Rakuten infoseek

辞書

ビオ‐サバールの法則【びおさばーるのほうそく】

日本大百科全書(ニッポニカ)

ビオ‐サバールの法則
びおさばーるのほうそく
Biot-Savart's law
磁界(磁場)、とくに静磁界の基本法則。1820年にフランスのビオとF・サバールによって発見された。磁界には磁石から発生するものと電流から発生するものとがあるが、両者の間には区別がなく、今日の理論体系では、磁石といえどもそれと等価な電流を基本とする考え方が主流になっている。ビオ‐サバールの法則は、与えられた電流回路から発生する磁界を求める基本関係を示すものである。この法則は、電気の基本法則であるクーロンの法則と同じく遠隔作用的な表現になっており、場としての表現を使うと、(1)磁束はかならず閉じた形になっており、また、(2)アンペールの法則に書き直せる。しかし、ビオ‐サバールの法則はコイルがつくる磁界などを計算するときに依然として重要な公式である。電流が流れるような電流回路はかならず閉じた回路をつくっており、その全体から発生した磁界しか観測することができない。の回路上の小部分ABを含む平面上のP点に垂直に右ねじを立て、それをABからAPの向きに回したときに右ねじが進む方向が磁界の向きとなる。正しい磁界の大きさΔH

によって与えられる。回路全体から発生する磁界は、ビオ‐サバールの法則で与えられる磁界をベクトル的に積算することによって求められる。[山口重雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビオ‐サバールの法則」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ビオ‐サバールの法則の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.