Rakuten infoseek

辞書

ヒューム

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ヒューム
ダグラス=ヒューム」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヒューム
Hulme, Thomas Ernest
[生]1883.9.16. スタッフォードシャー,エンドン
[没]1917.9.28. ベルギー,ニウポルト付近
イギリスの詩人,批評家,哲学者。乱暴なふるまいによってケンブリッジ大学を放校となり,ベルリンで哲学と心理学を学ぶ。第1次世界大戦で戦死。生前は E.パウンドを介してイマジズムの運動を興したほか,ベルグソンの『形而上学入門』や G.ソレルの『暴力論』の翻訳,雑誌論文,数編の短詩を公表しただけであるが,友人 H.リードの編集による遺稿集『省察』 Speculations (1924) が出版されて,原罪をふまえた宗教的世界観,古典主義的芸術観により,T.S.エリオットをはじめ詩人や作家に大きな影響を与えた。『続・省察』 Further Speculations (55) がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヒューム
Hume, David
[生]1711.5.7. エディンバラ
[没]1776.8.25. エディンバラ
スコットランドの外交官,歴史家,哲学者,政治および経済思想家。エディンバラ大学に学んだ。 1734~37年フランスに滞在し,『人性論』A Treatise of Human Nature (1739~40) をまとめた。 44年エディンバラ大学,51年グラスゴー大学に職を求めたが,いずれも無神論の疑いでいれられなかった。 52年エディンバラ弁護士会図書館司書,63年駐フランス大使の秘書,67~69年国務次官をつとめたのち,エディンバラに引退した。哲学的には,ロックバークリーと展開したイギリス経験論を徹底化し,因果法則をも習慣の所産であるとし,あらゆる形而上学的偏見の排除を試みた。主著『道徳の原理論』 An Enquiry Concerning the Principles of Morals (51) ,『人間悟性論』 An Enquiry Concerning Human Understanding (58) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヒューム
Hume, Joseph
[生]1777.1.22. モントローズ
[没]1855.2.20. ノーフォーク
イギリスの政治家,社会改革家。エディンバラ大学で医学を修めたのち,1797年にインドに渡り,同地で富を築いた。 1812年に帰国し政界に進出,下院議員をつとめる。自由貿易を信奉し,機械輸出禁止法,労働者の海外渡航禁止法,団結禁止法などの廃止に尽力した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヒューム
Hume (Home), Patrick, 1st Earl of Marchmont
[生]1641
[没]1724
スコットランドの政治家。 1665年より政界に入り,ローダーデール (公)の政策に反対して5年間入獄。 85年モンマス (公)の反乱に加担してオランダに亡命。 88年名誉革命に際しオランニェ公ウィレム (ウィリアム3世 ) とともに帰国。以後大法官 (1696~1702) などのスコットランド要職を歴任し,97年初代マーチモント伯に叙せられ,長老主義確立に努め,イングランドとの合同を支持した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヒューム
Hume, John
[生]1937.1.18. ロンドンデリー
イギリスの政治家。社会民主労働党党首。アイルランド国立大学卒業後,ハーバード大学で国際政治学を専攻。教員を経て,1960年代末から北アイルランドの非暴力市民権運動を指揮し,1970年カトリック穏健派政党の社会民主労働党の創設に参加,1979年からは党首を務めた。1983年イギリス下院に初当選。穏健派の立場から北アイルランドのカトリック,プロテスタント両派の共存を訴えて仲介役となり,カトリック強硬派のシン・フェーン党を説得して 1998年4月の和平合意「聖金曜日の合意」にこぎつけた。1998年プロテスタント勢力の説得にあたったデービッド・トリンブルとともにノーベル平和賞を受賞。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ヒューム(fume)
《「フューム」とも》物質の加熱や昇華によって生じる粉塵、煙霧、蒸気、揮発性粒子。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヒューム(David Hume)
[1711~1776]英国の哲学者歴史家ロックバークリーとともにイギリス古典経験論を代表する。精神的実体因果関係客観性否定懐疑論の立場をとった。著「人性論」「英国史」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ヒューム【Alexander Frederick Douglas‐Home】
1903‐95
イギリスの保守党政治家。1931年下院に入り,37‐39年A.N.チェンバレン首相秘書。51年スコットランド相,55年イギリス連邦関係相,60年外相を歴任,63年部分的核実験停止条約に調印した。14代ヒューム伯爵として51年以来上院議員であったが,マクミラン辞職に伴い,63年爵位を返上し下院より首相に就任した。翌年総選挙に敗れて辞任,65年ヒースに党首の座を譲った。【池田 清】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ヒューム【Allan Octavian Hume】
1829‐1912
イギリスの政治家,社会改革者。1849年ベンガル文官としてインドに渡り,94年まで滞在。この間,収税・農務長官などのインド政庁の要職を歴任するが,植民地行政をめぐりしばしば本国政府の意向と対立した。また婦人の教育問題など社会改革の分野でも幅広い活躍をしたが,政治権力を奪われているかぎり社会改革は徒労という考えから,インド国民会議派の創設と発展に尽力した。【四宮 宏貴】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ヒューム【David Hume】
1711‐76
18世紀のイギリスを代表するスコットランド出身の哲学者。その多面的な思考活動のうち,従来は,懐疑論に基づく独断的形而上学批判,宗教現象の実証的分析,社会契約説批判,歴史主義的思考態度などの側面がとくに注目されてきたが,最近では,むしろA.スミスやスコットランド啓蒙思想(スコットランド学派)との関連を重視する立場から,近代〈市民社会〉の存立メカニズムを経験科学的に解明した思想家として評価しようとする傾向が有力になっている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ヒューム【Thomas Ernest Hulme】
1883‐1917
イギリスの批評家。反ロマン主義の姿勢を強固に主張し,保ったことで知られる。1904年ケンブリッジ大学を放校され,独学ののち,カナダやベルギーを放浪。ロンドンに戻って〈詩人クラブ〉を創立するが,09年脱会して文学サロンを開き,イメージの明確な短詩を発表,〈イマジズム〉創始の一端を担う。H.ベルグソンの知遇を得て,彼の哲学を信奉,《形而上学序説》の英訳を出し,またG.ソレルの《暴力論》の英訳も出版。第1次大戦勃発とともにフランス戦線に従軍,17年戦死する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ひゅーむ【ヒューム】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ヒューム【David Hume】
1711~1776) イギリスの哲学者・歴史家。ロックの経験論を徹底させた懐疑論の立場に立ち、因果法則や実体の観念の客観性を否定し、自我は「知覚の束」にすぎないと主張するなど、伝統的形而上学に破壊的な批判を加え、カントの批判哲学の成立に重大な影響を与えた。著「人性論」「英国史」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

ヒューム
生年月日:1829年6月6日
イギリスのインド行政官
1912年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ヒューム
(David Hume デビッド━) イギリスの哲学者、歴史家。ロックの経験論を徹底させた懐疑論の立場に立ち、先天的必然的認識を否認し、実体・因果法則の客観性を否定して、カントに大きな影響を与えた。一方、人性論的人間学を建設しようとした。主著「人間悟性論」「英国史」。(一七一一‐七六

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヒューム」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ヒュームの関連情報

他サービスで検索

「ヒューム」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.