Rakuten infoseek

辞書

ヒドロキシル基

栄養・生化学辞典

ヒドロキシル基
 水酸基ともいった.-OHと書き,化合物の名称の中では「ヒドロキシ」とする.アルコール性のもの,フェノール性のもののほか,遊離のもの(・OH)(→ヒドロキシラジカル)がある.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ヒドロキシルき【ヒドロキシル基】
水酸基に同じ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

ヒドロキシル基
ヒドロキシルキ
hydroxyl radical, hydroxyl group

HO原子団,HO・ 遊離基(hydroxyl radical)のこと.以前はHO・ 遊離基(radical)と,-OH置換基(group)をともに水酸基といった.しかし,いまでは両者を区別して,遊離基や原子団はhydroxyl radical,化合物中の置換基はhydroxyl groupというようになった.なお,HO(陽イオン)はヒドロキシリウムイオン,OH(陰イオン)は水酸化物イオン,配位子の場合にはヒドロキシド(hydroxido),またはヒドロキソ(hydroxo)で示す.なお,化合物中の-OH基の存在を接頭辞で示すにはhydroxyを付けて,たとえばヒドロキシ安息香酸(hydroxy-benzoic acid)のようにし,接尾辞で示す場合は-olを付けて,たとえばエタノール(ethanol)のようにする.-OHを示す接頭辞にドイツ語ではオキシ(Oxy)が用いられたことがあるが,いまではドイツ語でもHydroxyである.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ヒドロキシル‐き【ヒドロキシル基】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ヒドロキシル基
ヒドロキシルき
水酸基」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ヒドロキシル基
ひどろきしるき

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヒドロキシル基」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ヒドロキシル基の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.