Rakuten infoseek

辞書

ヒトニザル【ひとにざる】

日本大百科全書(ニッポニカ)

ヒトニザル
ひとにざる
哺乳(ほにゅう)綱霊長目ヒトニザル上科(ヒト上科ともいう)に属する動物の総称。この上科Hominoideaの仲間は、霊長目中、かつ全動物界中もっとも進化を遂げた系統群ということになる。現生種はヒト科Hominidaeとショウジョウ科Pongidaeからなり、テナガザルを8種とすれば、ヒトを含めて13種からなる。総じてよく発達した脳をもち、尾を欠く。歯式は

で32本、オナガザル上科と同じである。化石として、オレオピテクスOreopithecus、ドリオピテクスDryopithecus、ギガントピテクスGigantopithecus、アウストラロピテクスAustralopithecusなどが知られており、これらも本上科に含まれる。ヒトニザルの祖型は、第三紀漸新世のエジプトのファイユームから出土する霊長類化石群のなかに知られており、すでにこの時代にオナガザル上科とは分岐していたと考えられている。ヒトニザルは、ヒトの進化を考えるうえでとりわけ重要な系統群であるといわなければならない。[伊谷純一郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヒトニザル」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ヒトニザルの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.