Rakuten infoseek

辞書

ヒスタミン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ヒスタミン
histamine
肥満細胞で生成され,生体組織に広く分布している活性アミン。通常は肥満細胞内でヘパリンと結合して不活性状態にあるが,外傷や熱傷などの物理的侵襲や,薬物などの化学的侵襲によって活性型になって遊離する。抗原抗体反応によるアレルギーアナフィラキシー症状にも関係している。理作用としては,平滑 (特に気管支,腸管) 収縮細動脈の拡張による急激な血圧降下 (ヒスタミンショック) ,炎症時の発赤毛細血管透過性亢進による浮腫の発生 (じんま疹様症状) ,分泌腺 (特に胃腺) の機能亢進などがある。胃液分泌機能検査やクロム親和細胞腫の診断にも用いられる。胃液分泌作用が従来の抗ヒスタミン剤で抑制されなかったことは不可解な現象とされていたが,種々のヒスタミン剤の開発によって,ヒスタミンの受容体に H1 ,H2 の2種類があり,胃液分泌作用は H2 受容体によることがわかった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ヒスタミン(histamine)
生体に広く分布するアミン一種ヒスチジンから合成され、普通は肥満細胞好塩基球などに不活性状態で存在。外傷や毒素などで活性化され、発赤・かゆみ・浮腫(ふしゅ)・痛みや気管支収縮などのアレルギー症状を起こす原因となる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

ヒスタミン
 C5H9N3 (mw111.15).

 2-(4-イミダゾリル)エチルアミン動物組織に広く分布する生理活性物質血管拡張,血圧降下,胃酸分泌促進,平滑筋収縮作用などがある.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ヒスタミン【histamine】
β‐イミダゾールエチルアミンともいう。血液や多くの組織に存在する生理活性物質。組織中ではマスト細胞,血液中では白血球の好塩基球の顆粒(かりゆう)中に見いだされる。血管拡張や膜透過性の増大,平滑筋の収縮を引き起こす。大量に体内に存在するとアナフィラキシー(アレルギーの一種。即時型過敏症)を起こす。アナフィラキシーの原因は,IgE免疫抗体がマスト細胞や好塩基球を破壊し,ヒスタミンやヘパリンなどを放出することにある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ヒスタミン【histamine】
動物の組織内に広く存在する化学物質。普通は不活性状態にあるが、けがや薬により活性型となり、血管拡張を起こし(発赤)、不随意筋を収縮する。またかゆみや痛みの原因となるともいわれる。過剰に活性化されるとアレルギー症状の原因となる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ヒスタミン
ひすたみん
histamine
β‐イミダゾールエチルアミンで、ヒスチジンの脱炭酸によって生ずる生体アミンの一種。通常、マスト細胞(肥満細胞)において生成され、組織内ではタンパク質と結合して不活性の形で広く存在するが、一部は血漿(けっしょう)中で活性をもつイオンの形で遊離していると考えられている。また、抗原抗体反応によりマスト細胞中の不活性型からヒスタミンが遊離し、アレルギーやアナフィラキシーショックがおこるとされている。外傷や熱傷などの物理的侵襲、種々の毒物および薬物による化学的侵襲によっても、ヒスタミンの遊離はおこるとされている。
 ヒスタミンの薬理作用には、アレルギー作用、気管支や腸管平滑筋の収縮作用、胃液分泌促進作用、末梢(まっしょう)血管拡張作用、末梢血管の透過性亢進(こうしん)作用がある。末梢血管の透過性の亢進は浮腫(ふしゅ)(むくみ)として現れ、末梢血管の拡張は血圧の下降として認められる。
 ヒスタミンの化学合成はドイツのウィンダウスらにより1907年に成功し、10年にはその生理および薬理作用がイギリスのデールにより解明され、37年には第三アミンを母体とする抗アレルギー作用をもつ抗ヒスタミン薬がフランスのボベらにより発見された。ジフェンヒドラミンがその例である。66年には気管支平滑筋の収縮作用を示すヒスタミンH1受容体と胃粘膜分泌促進作用を示す非ヒスタミンH1受容体(H2受容体)の存在がイギリスのアシュA. S. F. Ashらにより報告され、それまで研究されてきた抗ヒスタミン薬では胃液の分泌抑制がみられない理由が明らかとなった。抗アレルギー作用をもつ抗ヒスタミン薬はH1受容体拮抗(きっこう)薬であり、ヒスタミンの化学構造に類似したヒスタミン誘導体の研究から、胃液分泌抑制作用のみならず、従来の抗ヒスタミン薬が示さなかったヒスタミンの各作用にも拮抗する薬物ブリマミドburimamideがイギリスのブラックJ. W. Blackらにより発見され、それまで非ヒスタミンH1受容体といわれていたものを改め、H2受容体とよぶようになった。これによりH2受容体拮抗薬の開発が始まり、シメチジン(「タガメット」)が消化性潰瘍(かいよう)治療薬として世界的に使用され、脚光を浴びた。その後、ラニチジンやファモチジン、ロキサチジンなど、さらに強力なH2受容体拮抗薬が開発されてきた。[幸保文治]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ヒスタミン
〘名〙 (histamine) 生体に広く分布するアミンの一種。ヒスチジンから合成され、普通は肥満細胞や好塩基球などに不活性状態で存在。外傷や毒素などで活性化され、発赤・かゆみ・気管支収縮などのアレルギー症状を起こす原因となる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

ヒスタミン
ヒスタミン
histamine

1H-imidazole-4-ethanamine.C5H9N3(111.15).肉などの腐敗に際し,ヒスチジンの脱炭酸によって生成するが,種々の動物,植物組織に広く分布している.1,4-ジアミノ-2-ブタノンをチオシアン化カリウムで環化したのち,塩化鉄(Ⅲ)で処理して合成する.針状結晶.融点83~84 ℃,沸点209~210 ℃.水,エタノールに可溶,エーテルに難溶.中枢神経にも局在し,神経伝達に関与している.毛細血管を拡張する.組織内で多量に生成するとアレルギーやアナフィラキシー症状を起こす.胃液分泌促進剤.[CAS 51-45-6]

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヒスタミン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ヒスタミンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.