Rakuten infoseek

辞書

ヒクイドリ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ヒクイドリ
Casuarius casuarius; southern cassowary
ヒクイドリ目ヒクイドリ科。全長 1.3~1.7mで,雌のほうが大きい。エミューに似た非常に大型の地上性ので,飛翔力はなく,風切羽は羽軸だけである。顔と喉は青く,喉から赤い 2本の肉垂が垂れ下がる。羽色は全身暗黒褐色,頭上に角質の固いヘルメットのような突起がある。森林にすみ,普通単独またはつがいで生活している。地上に枯れ葉などを敷いてをつくり,淡緑色の卵を 3~6個産む。雄が約 50日間抱卵して孵化させ,育雛も行なう。地上の木の実や芽,果実などのほか,動物質の食べ物もとる。長く重い声で鳴く。ニューギニア島オーストラリア北部,セラム島アル諸島分布する。なお,ヒクイドリ科 Casuariidaeは世界に 3種が分布し,ほかの 2種もニューギニア島とその付属島嶼およびニューブリテン島に生息している。(→走鳥類

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ヒクイドリ
ひくいどり / 火喰鳥
cassowary
鳥綱ダチョウ目ヒクイドリ科に属する鳥の総称。この科CasuariidaeはオオヒクイドリCasuarius casuarius、パプアヒクイドリC. unappendiculatus、コヒクイドリC. bennettiの1属3種よりなり、ニューギニア島とその付属島嶼(とうしょ)ならびにオーストラリア北東部に分布している。3種とも飛ぶ力を失った大形の走鳥類で、とくにオオヒクイドリは頭高1.8メートル、体重85キログラムにもなり、現生の鳥類ではダチョウに次いで重い鳥である。エミューによく似ているが、ヒクイドリは頭上に冑(かぶと)状の突起をもっている。頭頸(とうけい)部は皮膚が裸出する。羽毛はエミューのように硬い毛状で、翼は退化している。足はきわめてじょうぶで、足指は3本。単独か小群でジャングルの中にすみ、地上の果物、漿果(しょうか)、若芽、昆虫類やミミズなどの小動物をとって食べる。森林内の地上のくぼみに多少の枯れ枝や葉を敷いただけの巣に、1腹3~8個の卵を産む。抱卵は雄が行い、抱卵期間は約50日。原住民は雛(ひな)をとらえて飼育し、成鳥になるまで育てて、祭りのときなどの御馳走(ごちそう)にする。各地の動物園でもよく飼われ、繁殖もしている。ヨーロッパに初めて生きた鳥が輸入されたのは1597年といわれ、日本にも江戸時代に渡来した。なお、ヒクイドリの名は漢名の食火鶏に由来する。本種の赤色や青色をした肉垂れから想像したと思われるが、中国ではかつてこの鳥は火を食べて生きていると信じられていた。[森岡弘之]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヒクイドリ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ヒクイドリの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.