Rakuten infoseek

辞書

ヒガンフグ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ヒガンフグ
Takifugu pardalis
フグ目フグ科の海水魚。全長 35cm内外。淡褐色の地に多数の小黒褐色点が散在する。皮膚にいぼ状の小突起が密にある。フグ料理に用いられるが,毒性は強く,ことに卵巣肝臓猛毒。本州中部の太平洋側で,春の彼岸の頃(→彼岸会)多く漁獲されるので,その名がある。北海道南部から東シナ海黄海に分布する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ヒガンフグ
ひがんふぐ / 彼岸河豚
[学]Takifugu pardalis
硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。北海道以南の日本沿岸各地と黄海に分布する。皮膚に柔軟な小瘤(しょうりゅう)状物が密生する。体色は背側が褐色で暗褐色の小斑(しょうはん)が散在する。体長は30センチメートルに達する。春の彼岸(ひがん)のころ沿岸に産卵のため押し寄せるのが名の由来である。関東地方近海ではクサフグと同じ場所で産卵することもある。肉はかなり美味である。卵巣と肝臓は猛毒、皮膚と腸は強毒、精巣は弱毒である。[松浦啓一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヒガンフグ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ヒガンフグの関連情報

関連キーワード

ダックスフンドミズネズミ(水鼠)ノンステップバスアルマジロイセエビウサギギクウミグモカイチュウ(回虫)カマキリ(魚類)カモメ(鴎)

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.