Rakuten infoseek

辞書

ヒカゲノカズラ科【ヒカゲノカズラか】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ヒカゲノカズラ科
ヒカゲノカズラか
Lycopodiaceae
シダ植物ヒカゲノカズラ目に属し,熱帯を中心に世界に広く分布する。2属 180種ほどを含み,いずれも多年生草本。伸張するか,短く直立する。葉は通常小型で1脈をもち分裂せず,小葉という型の単葉であり,螺旋状または4列に並ぶ。胞子嚢葉腋に単生するか,鱗片葉のに生じ,集って胞子嚢穂をつくる。胞子は同形胞子で,粒状突起があり,球形。配偶体は塊状である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヒカゲノカズラ科」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ヒカゲノカズラ科の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.